自分の趣味・特技・知識で独立起業する方法をあなたのモノに

自分の趣味・特技・知識・好きなことで独立起業して、圧倒的に稼ぎ続ける起業家になるための現実的な方法論を伝授する無料電子書籍&無料メール講座はこちらから

独立しても食えない税理士が新規顧客獲得のために使えるホームページ・ブログの活用法

 
  2018/08/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ビジネス具体化コンサルタント 2歳の時に両親が離婚。 父子家庭の一人息子として育つ。 今まで一度も、産んでくれた母親に「お母さん」ということを言えたことがない孤独少年。 ソフトバンクの法人営業をを退社後、起業・独立。 『自分の好きをビジネスに!・知識をお金に変換する』を軸にしたリスクなく起業する方法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら
やぶちゃん
はい!!セールスコンサルタントの黒藪です。

 

『顧客が欲しい!』

『新規顧客がなかなか増えない!』

独立してなかなか食えない税理士の方は、喉から手が出るほど新規顧客が欲しいです。

 

「新規顧客が欲しい!!でもなにから始めたらいいのかわからない・・・」

 

新規顧客の獲得には絶対に”営業力”が必要です。

”営業力”とは様々な要素があります。

『見た目、威厳性、オファーの質、セールストーク、プレゼン力、心理学・・・』などなど、上げるときりがありません。

 

今回はその中でもボティーブローのように効いてくる、『新規顧客の成約率をアップさせるために使える”集客以外”のホームページ・ブログの活用法』についてお届いたします。

これができると、新規顧客の獲得が圧倒的に”楽”になり食えない税理士から卒業することができます!

では、集客以外のホームページ・ブログの活用方法について具体的に解説していきましょう。

独立して食えない税理士の共通点

わたしがセミナーやコンサルティングで何十人も独立して食えない税理士会ってきました。

その中で、食えない税理士には共通点があることに気付いたのです。

その共通点とは・・・

見た目がザ・真面目!で無頓着(髪をセットしていなかったり、黒のスーツに白いシャツ、地味なネクタイ)

面白い会話が全然できないし、冗談が通じない空気を出している

趣味といえば、仕事か子供しかない

数字が全ての超左脳派(論理的じゃないことは信じないし信じようとしない)

なぜかわからないけどプライドが高い

色々知ってるぜっていう空気を出す

先生業になるので、出てしまうのはしょうがない気もしますが、修正できるところも多いと思います。

 

いまの時代、税理士もサービス業です。税理士という立場だけで、新規顧客を獲得できる時代は終わりました。

インターネットで検索すればいくらで他の税理士を探すことができるし、クラウド会計ソフトもあります。

独立して食えない税理士の方は、税理士というプライドに固執している方が多いような気がします。

プライドに固執してしまって、企業税理士に戻りたくはないですよね?

 

だかこそ、しっかりと自分で新規顧客を獲得できる営業力を身につけて、『食える・稼ぎ続けられる税理士』なっていきましょう!

食える税理士がやっているホームページ・ブログの使い方

まず、初めに質問です。

『自分のホームページ・ブログを持っていますか?』

もし、もっていないのであれば、早速作ってください。

Facebookのアカウントだけで十分だ!と思い、税理士として開業したけど、自分のホームページやブログを持っていない方もけっこう多いです。

それは非常にもったいない!!

 

・「自分は口コミで新規顧客を獲得していきます!」

・「自分は紹介がメインでやって行くつもりです!」

 

よくこのように言う方がいますが、この2つを言っている方で、安定して収入が得られて、安定して顧客を獲得できている税理士の方はほとんどいらっしゃいません。

口コミで直ぐに新規顧客が得られません。

紹介なんて”信用”と”実績”が蓄積していない時に、何件も発生することはありません。

 

外資系が生命保険会社でまず一番初めに教えられるマーケティング方法とは、

『XYZ理論』です。

Xとは・・・自分の知り合い(自分が電話番号とかメールアドレスなど知っている面識のある人)

Yとは・・・知り合い(Xの人)の知り合い(相手の奥様、旦那様、兄弟、友人、会社のつながり)

Zとは・・・全く知らない人(いまの時点でまったく知らない人)

保険の業界で2年以上生き残れる人は『3ヶ月以内のZの人からご契約を頂ける人』と言われています。

自分の知り合い(Xの人)または、自分の知り合い知り合い(Yの人)からだけからしか契約を頂けない人は、半年くらいから成績が伸び悩み。

2年後くらいには全く新規契約があがらず、最終的には4分3くらいの人が辞めるか、クビになってしまいます。

 

これは大げさでは全くありませんし、他人事でもありません。

税理士にも同じことが言えます。

 

開業したての税理士は、以前勤めていた事務所の顧問先からの紹介を過度に期待してしまいます。

はじめは義理は相手の好意で、1件、2件とは紹介してくれるかもしれません。

しかし、それもずっと続くことはありません。

自身の営業力を鍛えて、”新規顧客”を獲得していかなくては、保険業界と同じで新規顧客が獲得できず、収入が上がらずに、2年以内にサラリーマン税理士に戻らざるおえなくなります。

それはどうしても避けたい!!

 

それを避けるためには”集客”も大切ですが、それ以上に、”成約率のアップ”が大切になります。

”成約率”が上がらないと、いくら集客しても新規顧客は増えません。

新規顧客を増やすためには”営業力”最優先に鍛える必要があるのです。

”成約率”をアップさせるホームページ・ブログの役割

ホームページやブログはインターネットからの集客に活用できます。

『集客に活用するために開設する』といっても言い過ぎではないでしょう。

しかし、”集客をすることだけ”にホームページやブログを使うと、時間と手間がかかり過ぎます。

 

”集客”は何のためにするのでしょうか?

その答えは”新規顧客契約を頂くため”ですよね。

集客できても、新規顧客契約を頂ける”営業力”がなければ、ムダになってしまいます。

 

せっかく、集客した見込み顧客様をムダにしないために、ホームページやブログの新しい役割を与えるのです。

その”営業力を上げるための、新しい役割とは”WEB上での名刺”です。

この役割を効果的に活用することで、あなたの”営業力”はアップし、”成約率”は飛躍的にあがります。

”WEB上の名刺”が効果的な理由

始めての人とお会いした時、名刺交換しますね。

そこで、簡単な自己紹介をしますが、あくまでも”簡単な”です。

初対面の時には、踏み込んだ部分である、『経歴、考え方、得意分野、どんな業務を取り組んでいるのか、プライベートな趣味』などはなかなか伝えにくいものです。

 

この”深い部分”をホームページやブログで補うのです。

ホームページやブログはインターネット上の”自分の展示場”なのです。

 

展示場に情報が多ければ多いほど、見に来てくれた方へ”好感”と”信用”を感じて頂くことができますよね。

ホームページやブログを”見る側”になった時に、『ペラペラで情報が薄い』のと、『自分のとって有益な情報が沢山ある』のとどちらが好感を持てますか?

また、『全く更新されていない』のと、『自分には直接関係はないけど数多くのコンテンツが更新されている』のと、どちらが信用力できますか?

 

確実に『自分のとって有益な情報が沢山ある』・『自分には直接関係はないけど数多くのコンテンツが更新されている』ほうですよね。

 

わたしたちは情報量が多ければ多いほど”透明性が高い”と感じます。

会社も上場すれば会計内容を公開しなくてはいけません。また、個人に置き換えても自分のことを包み隠さず話す人に好感を持つことができます。

ホームページやブログは自分のことを信用させる一つのツールです。

『自分のビジネスのビジョン、有益な情報、クライアント様の成果・推薦の声、活動報告』

発信すればするほど見ている側は、あなたのことを知ることができ、好感を持つことができます。

食える税理士やっている”WEB上の名刺”の使い方

先程からお伝えしている通り”成約率”を高めないといけません。

成約率を高める『ホームページ・ブログ=WEB上での名刺』の具体的な使い方をご紹介します。

 

それは、

『個別相談(個別アポ)の連絡メールの時に自分のホームページやブログのURLを貼り付けておく』です。

ただ貼り付けて置くだけでは効果は低いです。

効果的で具体的な使い方、文章を例に紹介いたしますので、是非、明日から活用してくださいね。

 

相談会の場合の活用例

こんにちは。

相談会を主催しております ◯◯税理士事務所の黒藪です。

この度は「◯◯相談会」にお申込み頂きましてありがとうございます。

詳細を改ましてご連絡させて頂きます。

また、わたしのホームページがございます。事前にご確認頂けましたらさらに、相談会の内容が理解しやすいかと思います。宜しければご覧ください。

URL:◯◯◯

 

【詳細】

日程:12月24日(日)10時00分〜12時00分

場所:✕✕ビル 3FA会議

住所:大阪市北区△△

会費:□□□円

また、急なご都合等でご参加が難しい場合に、事前にご連絡頂けましたら幸いです。

では、楽しみにしております。

 

個別アポイントの連絡メールの場合の活用例

◯◯様

こんにちは。◯◯税理士事務所の黒藪です。

明日は、個別のお時間頂きましてありがとうございます。13時に◯◯◯(住所:△△△)にお願いいたします。

また、ご参考までにわたしブログがございます。

得意な分野やプライベートなことも載せております。わたしのことを、知って頂くにもいいなぁと思いますので、ご確認頂けますと幸いです。

URL:◯◯◯

では、明日、お会い出来ることを楽しみにしております。

 

これで、ホームページやブログを見てくれた方は、あなたのことをより知ることができます。

知れるということは好感を持つことができて、信用力が増していきますね。

 

『信用力がある』状態で相談会や個別相談に参加するのと、『信用力がない』状態で相談会や個別相談をするのとでは、顧客の反応や成約率は驚くほど変わってきます。

 

ホームページやブログの役割として、もちろん”集客”も大切です。

それと同じくらい、”信用力を高める”ことも大切です。

信用力を高めることができると、”営業力”が上がります。

営業力が上がるということは、”成約率”が上がります。

食えない税理士から、食える税理士へ変化できるということです。

 

起業したての税理士は、1つの商談が貴重です。その商談を”成約”にしっかりと繋げるためにも、ホームページやブログを”WEB上の名刺”として効果的に活用してくだいね。

成約率は劇的にアップし、新規顧客を獲得できる営業力を身につけていきましょう。

まとめ

今回は、税理士さん向けに特化してお届しましたが、もちろん他の個人起業家の方にも、めちゃくちゃ有効活用できます。

『コーチ、コンサルタント、占い師、カウンセラー』

それぞれ、”自分を商品”としている方はやっぱり、”営業力”です。

営業力がなければ、収入も上がらないし、毎月の支払いの不安から脱却することはできません。

 

今後も、個人起業家さん向けの”営業力アップ”・”成約率アップ”に役立つ内容をバンバン発信してきますので、楽しみにお待ちくださいね。

※更に深い内容をリアルセミナーでお伝えしております。

売上が伸び悩んでいる起業家向けの自然に商品が売れてしまう成約率アップ講座

 

ではでは、今日もありがとうございました!









この記事を書いている人 - WRITER -
ビジネス具体化コンサルタント 2歳の時に両親が離婚。 父子家庭の一人息子として育つ。 今まで一度も、産んでくれた母親に「お母さん」ということを言えたことがない孤独少年。 ソフトバンクの法人営業をを退社後、起業・独立。 『自分の好きをビジネスに!・知識をお金に変換する』を軸にしたリスクなく起業する方法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

ビジネスアイディア
具体化無料メール講座

自分の好きなことで起業して稼ぐための
独立起業ノウハウを無料公開します。

 

現在、期間限定で電子書籍
会社員の副業からリスクゼロで
起業準備をする23の成功パターン
無料でプレゼントしております。



【5つの豪華特典付き】

自分のビジネスアイディアを具体化し
稼ぎ続けられる力を身につける
ビジネス具体化オンラインセミナー

起業をして稼ぎたい気持ちはあるけれど
自分の趣味・特技・知識・スキルを
ビジネスに変換する方法が分からないあなたへ

 

自分のビジネスアイディアを具体化し、
毎月10万、20万、30万を稼ぎ続ける
ビジネスの構築方法を完全継承いたします。

 

運営者 黒藪について

Red Heart代表 黒藪一秀

今だけ、LINE@にご登録して頂いた方に

特別対談動画

【会社員のゼロから起業する時に
ほぼ確実に成功できる秘訣を暴露しました】

をプレゼントさせて頂きます!

ぜひ登録していただいて
期間限定プレゼントを受け取ってくださいね!!

※随時、最新のお役立ち情報を発信中!!

黒藪一秀 公式LINE@

 

Red Heart代表、当ブログを運営している
ビジネス具体化コンサルタントの黒藪です。

『稼ぎ続けられる本物の独立起業ノウハウ』
をコンセプトに、起業を目指しているけど、
具体的なステップが分からない方への、

スタートアップから年収1200万円までの
ビジネス具体化のお手伝いをしております。

新卒で大手専門商社に入社。
その後中途採用からわずか2年半で
ソフトバンク株式会社直販営業本部
西日本1位
を獲得。


その後退職し、起業・独立。

ソフトバンク流営業力と、
自己投資1000万円以上かけて
独自に開発した本物の

知識をキャッシュに変える具体化スキル
2つの観点から、具体的に成果が出せる
コンサルティングを行っております。


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です