営業未経験の税理士が新規顧客を増やすために使える3つの営業トーク

やぶちゃん
はい!!”稼げる”セールスコンサルタントの黒藪です。 

 

開業して間もない税理士の方の多くの悩みが、『新規顧客の獲得』にあります。

 

・”雇われ税理士”から解放されたい!

・自分一人の力で仕事をしていきたい!

このような、熱い思いで所属している事務所を飛びたした。

・・・けれど、いつまでたっても新規顧客が増えない。

このような税理士は数多くいます。

 

そもそも税理士にとって”営業”は無縁な世界であり、税理士試験科目に”営業力”という科目はありません。

しかし、起業して独立するスキルとして最も大切なのは、”営業力”です。

新規顧客が獲得できないと、当然、顧問料は得られません。

せっかく独立したのに、”雇われ税理士時代”より収入が下がってしまうという事態に陥ってしまいます。

 

今回は、新規顧客がなかなか獲得できない税理士にむけて、3つの具体的な営業トークをお届していきます。

今日からでも使える内容が盛りだくさんです!

01.初対面は”相手の印象に残る”言葉を使う

税理士はいっぱいいます。平成29年10月の時点で約77,000人。

特にビジネス交流会などに行くと必ずと言っていいほど、1人や2人の方はいらっしゃいます。

普通の話ばかりしていては、全く印象に残りません。

 

また、一般的に税理士のイメージは『税金を計算する人』くらいです。

多くの方が税理士を顧問につけた時のメリットがイメージできていないのが実情です。

交流会などに参加している方の大多数の人は、「税理士さんね。僕とは関係ないやぁ」とか「税理士さんも交流会とか、頑張っているなぁ〜」って思っています。

 

これらの原因はだた1つ。

『相手の印象の残る言葉が使えていない』からです。

 

ほとんどの方がしている全く印象に残らない営業トークはこんな感じです。

「税理士の◯◯と申します。大阪で活動しているので宜しくお願いします。ところで、◯◯さんはどのようなお仕事をされているのですか?」

「顧客様を見つけようとかそんなんじゃなくて、まずは人とお繋がりを増やしたいなぁと思って参加したんですよ」

「もし、回りに税について困っている方がいらっしゃったらまた、ご紹介して頂けますか?」

これでは、100%新規顧客は獲得できないし、話を聞く側は「いつものパターンだよ〜流しておこう!」ってなります。

新規顧客を獲得したいのであらば、このようなありふれてトークは一切止めてください。

 

初対面の相手に印象に残るトークはこちらです。

「税理士の◯◯と申します。簡単に、安全に、今からでもできる節税方法をお伝えしております。」

「経費にできるのか・経費にできないのか?悩んでいる個人起業家、経営者の方にお役に立ちたいと思って参加しました。」

「税金についての”税金って実はこんなに払っている!?を棚卸ししようセミナー”を開催しておりますので、よかったらご参加されませんか?」

このように、具体的でありキャッチー(相手がぱっと理解できる)フレーズを初対面の時に盛り込みます。

 

税理士と顧問契約をする理由は、2つです。

1:税金を収めるために必要な事務作業を任せる

2:素人ではわからない節税方法についてのアドバイスが欲しい

 

1つめの『事務作業を任せる』部分で顧客にアプローチしては”安さ”とか、”クラウド系サービス”と比較されてしまいます。

そうではなくて、2つめの『節税方法』の部分をどれだけ訴求できるか?によって、新規顧客を獲得でるかが左右されます。

是非とも、”初対面の相手に印象に残るトーク”を参考にしながら、自分の強みと税理士として印象に残るフレーズ化して、営業トークに入れてください。

初対面から個別相談への確率が劇的にアップすることをお約束いたします。

02.税理士は”税理士としてメリットのある”話をする

税理士は”税理士としてメリットのある話”をしなくてはいけません。

まして、新規顧客を獲得しようとした時に、まどろっこしい遠回しのアプローチをしていては、個別相談から顧問契約にはいたりません。

 

新規顧客が全然獲得できていない税理士は

・とりあえず名刺だけ交換してちょっと話して別の人と話す

・「誰か確定申告などで困った人がいたらお声がけください」を口癖のようにしている

・法人化しようと考えている方がいたらご紹介くださいといって去っていく

・税理士なのに税の話題に触れない

やっていませんか?

これをやっているのであれば全く結果は出ません。そんな遠回しの軽い営業トークで誰もあなたに顧客になりませんし、誰もあなたに紹介もしません。

 

まずは、全力で目の前の人に”税理士という立場”から悩みを解決できるトークをしてください。

・最近、◯◯、◯◯という税金が増えましたね。ぼくらは毎年◯◯円くらい余分に税金を払わなくてはいけなくなるんです。

・ふるさと納税って活用されてますか?前、やってみたのですがめちゃくちゃいいですよ。

・最近の節税のトレンドは◯◯なんです。精査しないといけませんが適応できる方が多くいますよ。

 

新規顧客を獲得できるかどうかは、『この人なら私のお金の流れをすべて任せても大丈夫だ!』と思って貰うことです。

新規顧客獲得の一番の近道は”税理士として”ダイレクトに税務の話題に触れていき、専門性を感じて頂くことです。

03.ヘコヘコしない

独立したての税理士の方の多くがセルフイメージが低いです。

心のどこかで、『ぼくが顧問になってもいいんだろうか?』と思っているのではないでしょうか?

自分に自信を持って下さい。

そして、会計の作業以外の付加価値を自分に付けてください。

 

自分のセルフイメージが低いと、『どんな仕事でもさせてください』という空気感が出てしまいます。

もちろん、顧問先が少ない場合は、顧問先を一つでも増やすことは絶対に必要なことです。

しかし、卑屈になり自信なさげな税理士に、だれが仕事を頼みたいと思いますか?

 

ものすごく勉強されて税理士試験に合格されましたよね?

会計事務所で実務経験をしっかりと積んで、勇気を出して独立したんですよね?

 

あなたは、”税理士”であると同時に”経営者”でもあります。

自分自身の仕事にプライドを持って、”ヘコヘコしすぎない”でください。

堂々と「私と顧問契約すると、あなたのビジネスは格段に”楽”に経営ができて、会計の部分においてのストレスが激減します!」と言い切るくらいの勢いが必要です。

 

顧問先がなければ、あなたの税理士資格は価値を生み出しません。

しっかりと、”営業力”を身につけて、まずは忙しさでまみれてください。

そこまでは、徹底して自分の”新規獲得の営業力”の磨く絶対に生き残る上で大切になってきます。

まとめ

事務所を飛び出したのはいいものの、なかなか新規顧客が獲得できない。

本当にそういった税理士が本当に多いです。

これから、ぼくの”稼げる営業力”を全力で、出し惜しみなくブログでお届しようと思います。

 

営業力があればマジで人生が変わります!

諦めずに勉強していって、”稼げる営業力”を身につけてください。

 

ではでは今日はこの辺で〜。

是非!シェアをお願いします

”いつかは起業!”を目指すOL・サラリーマンが起業の成功確率を飛躍的に上げられる『7つの最強のセールススキル講座』

このメール講座には

”いつかは起業!”を目指すOL・サラリーマンの方へ。

起業して成功でできる確率を飛躍的に上げられる

”稼げる”セールス技術を7つ厳選して詰め込みました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です