起業アイディアにはストック型ビジネスモデルとフロー型ビジネスモデルを上手く掛けあわせろ!!

はい!

ビジネススタートコンサルタント 黒藪です。

 

起業する時やビジネスをスタートさせる時に

けっこう悩むのが

なにをビジネスとしよう?

ってところです。

 

そしてもっと悩むのが

どうやってお代金を頂こう?

のところなんです。

 

今回は

起業を目指す時の起業アイディアの中でも

お代金の頂き方について解説したいと思います。

 

起業アイディアの最大のポイントはお代金の頂き方

自分でビジネスを創りあげて行く時に

多くの方が最初に考えることは

『どうやったら価値を創り出すことができるのだろう?』

もう少し平たくいうと

『どうやったら稼ぐことができるだろう?』

です。

 

起業アイディアがあっても、稼ぎだすという部分が抜けていると

一歩が踏み出せないのです。

 

独立・起業したいなぁ〜って考えている

90%以上の方が稼ぎ出す為の具体的プランが錬られておらず、

行動に移せないまま止まってしまいます。

 

起業アイディアをタダのアイディアではなく

実際に行動に移せる段階まで持っていくには

お代金の頂き方を戦略的に考える必要があるんです。

 

起業家にとってもっとも大切なのは

単月でめちゃくちゃ稼ぎだすことでも

売上がめちゃくちゃ大きくなることでも

ないと思っております。

 

起業家にとって最も大切なことは

続けること

これだと確信してます。

 

続けるからこそ多くの人に価値を提供できる

続けるからこそ更に質の良いものを提供できる

続けるからこそ信用・信頼が積み重なっていく

続けるからこそ人に語れるビジネスとなる

 

だから、続けないといけません。

 

ビジネスを続けやすくするためのお代金の頂き方が

フロー型収入×ストック型収入

なんです。

 

詳しく解説していきますね。

 

フロー型ビジネスモデル

マサイ族 狩り

フロー型ビジネスモデルとは

例えるなら狩りです。

 

いつも獲物がいるとは限らず、安定的に獲り続けるは難しいです。

また、腕前によっても大きく獲れる量が左右されます。

 

しかし

獲れた時にはめちゃくちゃいいものを手に入れることができます。

昔だとマンモスとかクジラとかですかね。

1回の狩りに成功するだけで、家族や仲間の食事が1週間とか10日とか

賄えたりします。

 

これを現代のビジネスに置き換えると

単発で販売単価が大きい商品となります。

 

この商品の販売は難しいです。

理由は単価が高いからです。

10人の見込み顧客様にアプローチして10人が買ってい頂くってことはもちろんありません。

しかし10人中1人でも買って頂くと収入(利益)が大きく上がります。

 

ですので、一人あたり月に2本とか3本とか販売できるだけで

会社として運営できる(生活できる)までの収入(利益)を上げることができるのです。

 

フロー型ビジネスモデルの最大のメリットは

売れると利益がデカイ!!

ってことです。

 

フロー型ビジネスモデルの最大のデメリットは

あんまり売れない(売上が読めない)!!

ってことです。

このデメリットを補う為に

ストック型ビジネスモデルを取り入れるのです。

ストック型ビジネスモデル

農耕1

ストック型ビジネスモデルは

例えるなら農耕です。

 

森を切り開いて、整地して

耕して、種まいて、水や栄養をやって

雑草を間引いて収穫する。

時間は掛かります。

そして取れる作物は単体ではそれほど、私たちを満たしてくれません。

 

一方で

一旦この流れを身に付けてしまえば、

どの時期に刈り取ることができるかが、計算できるようになります。

食べ物が安定的に確保できるようになります。

 

これを現代のビジネスに置き換えると

定期的販売が可能で単価が安い商品となります。

毎月100万円を年間12回買える人って中々いませんよね。

 

このビジネスモデルの商品販売は比較的簡単です。

理由は単価が安いからです。

10人にアプローチして10人が買ってい頂くってことはもちろんありませんが

10人中3〜4人はご購入頂けます。

腕前のある方だと、半分くらいの方には買って頂けるのではないでしょうか。

 

売りやすい一方で

収入(利益)は低くなります。

そのため、数を販売する必要が出てきます。

 

ストック型ビジネスモデルの最大のメリットは

雪だるま式に売上と利益が伸びていく!!

ってことです。

ストック型ビジネスモデルの最大のデメリットは

1回当たりの販売単価が安い!!

ってことです。

このデメリットを補う為に

フロー型ビジネスモデルを取り入れるのです。

 

2つの収入モデルを比較検討

スクリーンショット 2016-07-07 0.04.12

それぞれの収入の役割

ストック型収入

ストック型収入の目的は

ストック型収入≧固定費(生活費)

にすることです。

 

これを実現できると、まず倒産はしません。

自営業であれば生活していくことができます!

 

そして最も大きな効果が

心の安定がもたらされます。

 

人にとってストレス・不安要素の体部分をしめるのがお金の部分です。

私も独立したてのころは、経済的な不安をいつも抱えていました。

 

今月、家賃払えるかなぁ・・・。

今、大きな病気をしても対応できないなぁ・・・。

売上が上がる保証がないし・・・。

この感情をずっと離れないのはまぁ〜しんどい。

 

その状況を脱する為には

定期的に売上が見える

ストック型収入を確保していく必要があります。

 

ストック型収入を一個ずつ、一個ずつ積み上げていき

ストック型収入=固定費(生活費)

なった時一つの安心感と達成感が得られます。

 

あとは、雪だるま式にストック型収入を膨らませていくことです。

フロー型収入

フロー型収入の目的は

フロー型収入=投資準備金

です。

 

フロー型収入とは額が大きい収入ですが

安定的には入ってくるとは限りません。

そして、ストック型収入で日々の固定費や生活費を賄うので

それにも当てる必要はありません。

イメージはボーナスですね。

 

ボーナスでダイソンの掃除機を買う!

ボーナスで車を買う!

ボーナスで韓国旅行に行く!

 

フロー型収入はそういったボーナスの使い方と同じです。

それをビジネスであれば

次なる投資に使う資金となります。

 

フロー型収入を貯める⇒投資⇒

さらにフロー型収入を貯める⇒投資⇒もっとフロー型収入を貯める

 

これのスパイラルを創り出すとビジネスはとても良い循環に入っていきます。

ストック型ビジネス×フロー型ビジネスが最強だ!

 

ここまで、ストック型ビジネスとフロー型ビジネスを解説してきました!

もうだいたいみなさんお分かりでしょう。

 

起業アイディアとして最強な収入モデルは

ストック型収入×フロー型収入

です。

 

お互いもデメリットを消してくれて

お互いのメリットを際立たせてくれます!

 

じゃ、具体的にどうやってこの収入モデルを作っていくんだ!?ってお声が聞こえてきました。

はい!お答えします!

 

『契約金+毎月金』

という形の収入モデルです。

 

町中では家賃がこの形態です。

礼金=フロー型収入

毎月家賃=ストック型収入

こうしておくと、礼金部分は次の物件を買う時や大型リフォームに使えますし

毎月家賃は家賃収入として安定的に入ってきます。

 

講師業、コーチング、カウンセリング、コンサルタントの方であれば

6ヶ月プラン:30万円

とするよりも

6ヶ月プラン:契約金20万円+毎月セッション費2万円

とすることをオススメします。

 

こうしておくと、6ヶ月間にオーダーになった

ストック型収入の部分=毎月セッション費

は全て雪だるまのように積み重なって行きます。

 

毎月一人ずつオーダーになると

1ヶ月目 セッション費用:2万円(2万円×一人)

2ヶ月目 セッション費用:4万円(2万円×二人)

3ヶ月目 セッション費用:6万円(2万円×三人)

4ヶ月目 セッション費用:8万円(2万円×四人)

5ヶ月目 セッション費用:10万円(2万円×五人)

6ヶ月目 セッション費用:12万円(2万円×六人)

 

安定的な売上が見えますよね。

これをあとは、人数を増やして行き、一人当たりの単価を上げていくと

月々の手取り収入というのが安定期にあげて行き続けることができます!

まとめ

フロー型収入とストック型収入はまだまだ深く

研究していくビジネススタイルだと思います!

 

もっと、みなさんにお役に立って

わかりやすい記事をお届けできるように

質の高い情報をインプットしていきます!!

是非!シェアをお願いします

無料メルマガ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です