コンテンツ一覧

【基礎編2】男女別マーケティング〜他人モテor自分モテ〜

男女別マーケティングの基礎編2です。

男性と女性では、この2つの大きな差があり、この部分を間違って訴求してしまうと、全く刺さらないコピーライティングになり商品が全く売れません。

今回の内容は、「他人モテか自分モテか」という男女別マーケティングについて、解説していきます。

では、早速始めていきましょう!

他人モテの男性・自分モテの女性

男性と女性では、人から褒められた時に嬉しいポイントが異なります。このポイントの違いが、行動へのモチベーションの違いをもたらします。

これがわかりやすいのが、「他人モテ」にモチベーションが上がる男性と、「自分モテ」にモチベーションが上がる女性だということです。

では、早速、それぞれの特徴を解説していきます。

他人モテの男性の特徴

男性はとにかく、他人からの評価が全てです。

その中でも特に強いのが、この3つ

①女性からモテる

②昇進

③客観的なステータス

では1つ1つ深堀りしていきましょう。

女性からモテる

男性は、自分が好みの顔とかはどうでもよくて、「他の男性から羨ましがられる女性」からモテたいという欲求があります。

また、一人の女性だからモテるより、多くの女性からモテたいという欲求も備わっています。

 

これは、人類の歴史的な背景で、「多くの遺伝子を残せるオスが強い!」ということが、遺伝子レベルで刻みこまれています。

だから、男性は妻や彼女がいても浮気をしたり、あわよくば他の女性と関係を持ちたいと思うのです。

これは「自分は複数人の女性からモテるだぞ!!」と周囲に自慢したいから行う、男性の本能的な欲求なのです。

昇進

これは、男性のモチベーションの中で一番わかりやすいものです。「昇進=地位・肩書」ですよね。

この地位や肩書は、わかりやすく人に自慢できます。だから、男性は出席欲が強くあり、そして「肩書をもらった自分すごいだろ」と人から尊敬される自分を見て、モチベーションが上がるのです。

客観的ステータス

これは人によって色々ありますが、羅列するとこんなかんじです。

  • 筋肉
  • 時計
  • 資格
  • 趣味のコレクション
  • 奥さんが綺麗
  • 娘・息子が優秀

人から見られて、羨まし!!って思われるステータスを上げることor手に入れることに、モチベーションが上がります。

なので、結論は、男性へは「人から羨ましと思ってもらえますよ!!」を訴求するコピーや商品が売れるってことです。

自分モテの女性の特徴

女性か完全に、「自分モテ」で動いています。

だから、男性から見たら「どうしてあんな行動を取るんだろう?」って不思議に思うことも沢山あります。

自分モテの特徴は大きく2つ

①自分が決めたモノが最高に

②可愛いが全て

では、この2つの特徴を解説していきます。

自分が決めたモノが最高

女性は、自分が直感で決めたモノが最高だと確信しています。

だから、客観的な意見なんてどうでもよくて、自分の直感がなによりも優先されるのです。

ここで、セールス時に失敗しがちなのが、「客観的な意見で、他の商品を進める」ということです。

これが少しでも感じられると、女性は自分の直感を否定された気分になり不機嫌になります。

 

そうすると、「この場所・あなた=私を否定するウザいやつ」という思考に切り替わり、商品そのものを買うことを止めてしまいます。

だから、まずは、女性が選んだものは最大限に商品し、褒めるところからスタートしましょう。

可愛いが全て

「可愛い!あれも可愛い!これもめっちゃ可愛い」って聞いたことありませんか?

女性にとって可愛いとは複合的な意味を持つ言葉なのです。男性はついつい可愛いと聞くと、「見た目がキュート」や「少女心をくすぐる」というイメージを持ちますが、女性の場合はそうではありません。

可愛いには、いろんな意味がこもっており、極論全て可愛いの一言で終わってしまうくらいに、可愛いという言葉の意味は広いです。

だから、コピーライティングや商品のプロモーションをする時には、「可愛い」を深堀りした感情を表現する必要があります。

まとめ

男性と女性ではモチベーションが上がるポイントが全く違います。

男性:他人からの評価が大切

女性:自分の直感が大切

 

この2つの違いが、男性別マーケティングをする上ででは、基礎になります。この違いが、わかっていると男性向け商品への訴求するコピーや、女性向けの訴求するコピーが変わってきます。

【基礎編3】では、実際に男女別でどんなフレーズが刺さるのか?を解説していきますので、こちらも楽しみにお待ちくださいね。

 

ではでは、今日もありがとうございます!!

無料電子書籍+メール講座
無料電子書籍
【聞き出す営業力の
8のステップ】

専門知識はあるけど、実際の売り方がわからない方へ。
「知識を価値」に変換する場面を細かすぎるくらい想定して8のステップに細分化。
堅実にビジネスを成長させてきた5年間で創り上げたセールススキルマニュアルを
今だけメール講座と合わせて無料でプレゼント中

▷こちらから受け取る

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

無料電子書籍・メール講座

聞き出す営業力の8のステップ

 

専門知識は沢山あるけど

実際の売り方がわからない方へ。

 

「知識を価値」

に変換する商談の場面を細かく

想定して8のステップに細分化。

 

5年間で創り上げた

セールススキルマニュアルを

 

今だけメール講座と合わせて

無料でプレゼント中

 

▷こちらから受け取る

PAGE TOP