『若いのに仕事がデキるね!』って言われようになるためのやっておくべき5つのこと

はい!

ゼロイチ起業コンサルタント 黒藪です

 

20代ってエキサイティングな頃です。

大学を卒業して、会社に就職したり

大人の恋をしたり

初めて一人暮らしをしたり

今まで話すことがなかった大人と話す機会が増えたり。

 

一方で、初めての経験が多くて失敗したり、凹んだりすることが多いのも20代です。

新しい大人の世界へと足を踏み入れた20代の人の為に

『若いのに仕事がデキるね!』っていわれる人がやっている5つのことをまとめました。

可能性に満ち溢れている20代。

30代から差が開くキッカケを作る20代でもあります。

今日からでも心に落とし込んで、一步踏み出してみては?

01.大学で学んだことは一旦横に置く

専門分野でない限り、大学で学んだことの95%は会社で使えません。

僕が大学の4年間で役に立っている授業といえば

ブラインドタッチ(キーボードを見ないで文字が打てる)授業くらいです。

あとは全く覚えてませんし、会社に入ってから学んだ知識を使ったことは一切ありません。

 

「大学で◯◯を学んだから僕は正しいんです!」

「僕は、ええところの大学だから間違っているはずがない!」

などは、全く説得力がありません。

むしろ、その実践が伴わない知識を聞いていると大人はゲンナリします。

 

社会人になったのだから、社会人としての勉強をしてください。

社会人としての勉強をしたら、行動に移してその経験を話すようにしましょう。

いつまでも、青年気分では次の成長がないですよ。

02.いっぱいメモを取る

その場で記憶できることには限界があります。

人は忘れやすい生き物です。

細かい内容なんて、聞いて30分くら経つと忘れてしまいます。

 

大事だなぁ〜って思うことはその場でメモしてください。

いつもで、メモできるように

ペンとメモ用紙はポケットやカバンの中に忍ばせて置いてくださいね。

 

そのメモを取る姿を見ると、イケてる大人はステキな話をドンドンしてくれるようになります。

イケてる大人の大好物は

「目をキラキラさせている前のめりなあなた」です!

03.ちゃんとした敬語を身につける

いつまでも、友達の延長線上っていう感覚で、大人と話してはいけません。

敬語になっていない敬語を、敬語だと理解して使っている人は本当に多いです。

 

あなたは、既に大人なの仲間入りをしています。

目上の方や、年齢が上の方を敬うことが大切です。

どんな大人でも尊敬できる部分は必ずあります。

 

しっかりとした敬語を身に着けていると、

どこに連れて行っても恥ずかしくないと思って貰えるようになります。

そういったキッカケで、生涯お世話になる人と出会えます。

04.本を読む習慣をつける

本にはあらゆる可能性が詰まっています。

マンガもいいですが、しっかりとした文章に触れてください。

初めから分厚い本や、文字が小さい本にチャレンジする必要はありません。

エエ感じの大人からススメられた本や、本屋さんに行ってふと目に止まった本でいいです。

 

47%の人は年に1冊も本を読みません。

非常にもったいない。

社会人は社会人の勉強が必要です。

 

その最も手軽に成長できる方法が本を読むことです。

あなたの頭に栄養を入れれば入れるほど

あなたが実現したい目標や夢に近づきますよ。

05.いっぱい恋愛をする

恋愛は

人を知ることであり

相手を想うことです。

 

相手の変化に気付く力や

気遣いの力は

恋愛をすることでものすごく養われます。

 

仕事に置き換えると

『相手のニーズを掴む』ことに繋がります。

 

仕事ができる人は同性にも異性にもモテる人が多いです。

いっぱい恋愛をして

感情がわかる・わかろうとする大人になっていけたらいいですね。

まとめ

20代は本当に多感な時期です。

その時期にあなたはどんな栄養を自分に注ぎますか?

 

経済的に豊かになりたい!

独立・起業したい!

会社での成績を上げたい!

って思ったらしっかりと自分に栄養を与えてください。

 

無駄なことはなにもなく

チャレンジしたことは残ります。

 

僕はそんなチャレンジする、目を輝かしていあなたを応援したい。

是非!シェアをお願いします

営業力アップ メール講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です