電話受付時間 10時〜20時

起業1年目から積み上げ式でビジネスを作り起業3年目で年収1200万円を着実に達成する方法をサポート中!!

固定概念を書き換えると起業はうまくいく

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2歳の時に両親が離婚。 父子家庭育ちの孤独少年。 産んでくれた母親に「お母さん」と言えたことがない。 ソフトバンクの大企業向け法人営業を西日本2位の成績で退社後、起業・独立。 士業・スピリチュアル・講師・コーチなどの個人起業家へ堅実経営方法をお伝えし、起業1年目から積み上げ式でビジネスを作り、起業3年で年収1200万円を着実に達成する方法をサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら

はい!!

今日は最近、気づいてしまった、起業をスムーズに行い成功確率を飛躍的にアップさせる方法についてお届けしていきます。

 

起業する時に必要なモノは大きく2つあります。

  • マインド
  • スキル

 

この2つが掛け算されると、スムーズに起業することができ、起業してからも稼ぎ続けることができます。

今回はこの2つの大切な要素の中で、マインドのところをお届けしていきます。

 

これは、ぼくが最近、身につけたスキルの中で、めちゃくちゃ簡単にできて強力なので、是非とも試して見てくださいね!!

 

働きなが起業を成功させたい方には、具体的な成果の出る理由と、具体的な方法もお伝えしていきますので、役立つ内容になっています。

3分30秒くらいで読めますので、どうぞ最後までご覧くださいね。

 

では、早速始めていきましょう〜!!

はじめに〜起業家マインドチェックシート〜

まずは、こちらの10コのチェックシートにチャレンジしてみてください。

10この質問にいくつ、YESに丸がつきましたか?

 

YESがゼロの方は、起業家マインドがバッチリ!!

YESが1〜4個の方は、起業に向けてかなり覚悟がついてきていますので、具体的なスキルを磨いていきましょう。

YESが5個以上の方は、まだまだ会社員マインドであり、まずは、起業家マインドへ書き換えを行っていくステージです。

起業を成功させる最大の壁とは!?

起業において、最大の壁になるのは、お金がないことや、スキルがないこと、人脈がないことでもありません。

起業を成功させるにに一番ジャマなものは間違った固定概念です。

 

ぼくたちは、固定概念というフィルターを通して物事を見ています。

 

もう少し正確には、

まずは、事実を五感を通して情報として捉える。

その捉えたことを、固定概念というフィルターで解釈し、固定概念というフィルターで自分なりの意味づけをする。

そして、自分が意味づけたことで感情を作りだして、その感情に基づいて実際の行動に移している」

ってことです。

 

なので、会社員としての固定概念があると会社員としての行動をしてしまいます。

一方、起業家としての固定概念に書き換えることができると、起業家としての行動をできるということですね。

 

起業を目指す時に一番初めにしたほうがいいことは、起業する前から起業家マインドを作り、起業家がもっている固定概念を自分にインストールすることです。

 

そうすると、一つの事実でも捉えるフィルター(固定概念)が変わるので、感情も変化し、起業が成功しやすい行動を取れるようになってきます。

 

では、ここからは、具体的に固定概念の変化のさせ方についてお届けしていきます。

成功に必要な固定概念を書き換える3つのステップ

では、ここからは、具体的に会社員の固定概念から、起業家の固定概念に書き換える方法についてお届けしていきます。

 

作業としては、難しくないので、是非ともこの記事を読み終わったら、早速チャレンジしてみてくださいね。

ステップ1:自分の固定概念を書き出す

まずは、冒頭にもあったとおり、自分の仕事に関する固定概念を書き出して見てください。

 

ちょっと例を出すとわかりやすいと思います。

あなたには、こんな固定概念はないですか?

 

会社員マインドの固定概念

  • 給料は我慢の対価としてもらっている
  • 朝は9時から仕事開始と決まっている
  • 電車通勤しないといけない
  • お昼休憩は12時〜13時じゃないといけない
  • 仕事はスーツで行かないといけない
  • 給料は多く貰えて28万円だ
  • ボーナスは年に2回だ
  • 異業種への転職は難しい

 

いま、会社から受けている待遇や、働き方のスタンダードをすべて書き出してみてください。

事実として、9時から勤務、スーツで仕事なんかもすべてです。

 

固定概念とは、こうだ!!と無意識に思ってしまっていることです。

まずは、自分がもっている固定概念を思い浮かぶ限り、徹底的に書き出して、ステップ2へ進んでくださいね。

ステップ2:ステップ1で書いた固定概念の逆を書く

続いて、ステップ2です。

ここでは、ステップ1で書いた固定概念の逆を書いてください。

 

具体的に先程、書いた例の逆を書いてみますね。

 

ステップ1の逆の固定概念

  • 給料は我慢の対価としてもらっている楽しいことをして給料が入る
  • 朝は9時から仕事開始と決まっている仕事の開始時間は自由に選べる
  • 電車通勤しないといけない通勤なんてしなくていい
  • お昼休憩は12時〜13時じゃないといけないお昼ご飯は好きな時に食べる
  • 仕事はスーツで行かないといけない自分の好きな格好で仕事ができる
  • 給料は多く貰えて28万円だ自分の収入は青天井だ
  • ボーナスは年に2回だボーナスは毎月来る
  • 異業種への転職は難しい自分の好きな仕事を自由に選べる

 

真逆が思いうかばなかったら、逆っぽいくらいでも大丈夫です。

自分の制限を外すためにも、無理やりでもこじつけてしまってもOKです。

 

会社員の固定概念と逆なのが、起業家の固定概念に近いものとなってきます。

ステップ3:新しい固定概念へ許可を出す

そして、ステップ3としては、新しい固定概念への許可を出すことです。

 

ぼくたちは、自分にない概念がに接すると、嫌悪感を抱いてしまう傾向になります。

わかりやすい例が、「一夫一妻制か一夫多妻制」かです。

 

日本で「妻はいっぱい囲ったらいいんだよ!!いろんな妻といっぱい子作りしたらいいんだよ〜!!^^」みたいなことを言うと、めちゃくちゃ炎上して、嫌われますよね(笑)

 

これは日本人の多くは、一夫一妻という固定概念があり、一夫多妻制は自分とは違う固定概念だからです。

 

  • 日本では、一夫一妻制が当たり前(固定概念)
  • 西アフリカの国では、一夫多妻制が当たり前(固定概念)

国が違えば固定概念が違うのも当たり前ですね。

 

これは、会社員と起業家とも同じことが言えます。

起業して、起業家として成功したいのであれば、起業家の固定概念にする必要があるのです。

 

今、この瞬間に固定概念を書き換えろ〜!!って言われても、けっこうなハードル高いですよね^^;

だから、まずできることは、逆の固定概念を発見した時に、「この固定概念もありだよね」と認めることです。

 

ちなみに、ぼくの仕事に対しての固定概念はこんな感じです。

 

くろやぶの固定概念

  • 楽して稼げる
  • 広告を使わなくても自然に集客できる
  • 接する人、みんないい人
  • 次のステージに引き上げてくれる人が、向こうからやってくる
  • お金はある
  • お金は自然に、喜んでやってくる
  • 仕事は普段着でOK
  • 仕事の時間は自由に決める
  • 電車通勤なんてしない
  • ご飯は好きな時に、好きなだけ食べるもの
  • 好きなことで稼ぐことは楽勝
  • 努力しなくても、毎年収入アップしていく
  • 努力しなくても結果は出せる
  • 今、めっちゃ幸せ
  • 素晴らしいタイミングで、新しい出会いがやってくる

 

年収10億円の収入がある人の固定概念にはまだまだ遠いですが、起業して4年間、無借金経営をしているぼくの、固定概念です。

 

あなたが、ぼくの固定概念を読んでくれた時に、「都合のいいことばっかり書いちゃって〜」思ったのなら、その反応をちょっと変換させて「くろやぶの固定概念ってこんなんなんだぁ〜」って認めてくれるだけでOKです。

 

新しい固定概念を認めるってだけで、会社員という延長線上を行きていた自分から、起業家という別のルートへ乗り換えることができます。

 

だからこそ、起業を目指す時に一番初めにやっておくと、起業に向けての雑念を取ることができて、起業に向かってスムーズに行動することができるようになります。

まとめ

今回は、起業を目指す上での固定概念について、お届けしていきました。

起業を成功させるのに、不必要な固定概念を書き換えていくことが起業への成功ルートです。

 

今回は、固定概念を書き換えるまでの、最初の1歩をお伝えしていきました。

もっと、突っ込んだ固定概念の書き換えについては、また別の記事でお届けしていこうと思っていますので、どうぞ楽しみにお待ちくださいね。

 

このブログでは、会社員から起業を目指す上で、自己啓発本には乗っていないリアルで生のノウハウを随時お届けしていきます^^

どうぞ、これからも楽しんで、読んで頂けると嬉しいです。

 

ではでは、ありがとうございました!!

売れる営業トーク

8のステップ

営業苦手を克服したい!!

けど、具体的な方法がわからない...方へ。

細かすぎるくらいに場面を想定して

8のステップに細分化!!

堅実にビジネスを成長させてきた

5年間で創り上げた秘伝のマニュアル

今だけ無料でお渡ししています。
よろしければ、ぜひお受け取りください。


この記事を書いている人 - WRITER -
2歳の時に両親が離婚。 父子家庭育ちの孤独少年。 産んでくれた母親に「お母さん」と言えたことがない。 ソフトバンクの大企業向け法人営業を西日本2位の成績で退社後、起業・独立。 士業・スピリチュアル・講師・コーチなどの個人起業家へ堅実経営方法をお伝えし、起業1年目から積み上げ式でビジネスを作り、起業3年で年収1200万円を着実に達成する方法をサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です