独立するのに必要なことは”他人ごと”から”自分ごと”を増やすことだ!

やぶちゃん
はい!最近、めちゃくちゃ気付きが多い【ゼロイチ】の黒藪です。

 

独立に向けての勉強ってめちゃくちゃ楽しいです。

僕も22歳から起業に向けて勉強してきましたが本当にワクワクしていました。

今でもワクワクしながら、勉強しています!

 

勉強ってただ本を読んだりセミナーを受けたりするばかりではありません。

時代を作った方のテレビ番組を見たり、YouTubeで流れている対談を見たり。

あとは、新しいチャレンジですね。純粋に自分がやったことないことをやってみる。これも立派なビジネスに役立つ勉強です。

『1冊本を読めば0.000001ミリ成功に近づいている!』

『この内容をセミナーで話すことができたら、めちゃくちゃ響くだろうなぁ!』

『新しい世界を知れたら、今以上に多くの人と話せるな!』

 

なんでこんなに楽しいかっていうと、すべての体験・勉強は『自分ごと』だからです。

・自分が新しい知識を知ると、自分がレベルアップできる

・新しい体験をすると、見える世界が広がる

・新しい気付きがあると、新しく価値が創造できる

すべて自分に直結するから、なにをやっていてもめちゃくちゃ楽しいのです。

 

”自分だけのこと”だけでなく、人にお役に立つことも『自分ごと』にしてしまう。

役に立てば立つほどに、喜んでもらえる。喜んで貰えると純粋に自分が嬉しいですね。

起業して独立することは、まさに自分の人生を『自分ごと』として捉えることが必要です。

『他人ごと』ではありません。自分の人生はすべて『自分ごと』なのです。

01.生きていく上で必要なスキルは”自分ごと”

私たちは、自分に直接関わることは『自分ごと』として捉えることができます。

一方で、だれかにやらされている事は『自分ごと』として捉えることができません。

 

その典型的なことが『会社から言われた』ことです。

・会社で取れといわれた資格

・会社の昇進で必要なTOEICの点数を獲得するための勉強

・会社の上司から読んでみろって言われた本

・会社から行けって言われたセミナー

 

会社から言われたことを嫌々やることって、本気でムダだと思います。

義務感、後ろ向き、やる気がないままやる。こういう状態で学んだことは使えるスキルになっているわけがありません。

会社から言われることは本気で『自分のため』と思えていないのです。

 

私たちは『自分ため』と想えるパーセンテージが多ければ多いほど、真剣に取り組むことができます。

そこでショボい人は「自分さえよけばいいのか!?」と言いそうですが、そんなことは考えたらわかります。

『自分ごと』とは自己中心という意味ではなくて、当事者意識を持とう!という言うことなんです。

「自分には関係ない、必要ない、目指すにはハードルが高い、自分なんてできるわけない」って言わないってことです。

 

最近あまりにも自分の人生を他の”モノ”に左右されている人が多い。

自分の人生が自分ではどうにもならないと思い込んでしまっている人があまりに多い。

『他人ごと』のように自分の人生を歩んでいると、なにをやっても上手くいかないし、結果は出ません。

02.独立するなら起こること全て”自分ごと”として捉える

会社員を辞めて、自分のオリジナルビジネスで起業して独立することは、『全てを自分ごと』にするということです。

独立するということは、会社から守られることを放棄して、『人生の責任は全て自分』にするということなのです。

 

プライベートで起こったことも、仕事で起こったこと全てですよ。

・彼女に振られた

・共同経営者に騙された

・資金繰りが悪化した

・お客様が全然付かない

・食べていくだけでギリギリの生活をしている

・毎日退屈だ

 

自分が悪くないと思えることも、人のせいにしてはいけません。『全て自分ごと』です。

自分が全て招いたことだと責任を持ち、覚悟するのです。

その分嬉しいことも全て自分ごととして捉えるができます。

 

・会社の業績が上がった

・ステキな伴侶が見つかった

・独立してから友達がいっぱい増えた

・クライアント様が成果を出た

・なぜか周りにやたら親切な人が集まってくれる

・ラッキーが続く

 

一見、自分とは関係のないと思うことでも自分が絶対に関係しています。

良くも悪くも全て自分に繋がってきます。

この『自分ごと』の意識をどれだけ本気で100%に限りなく近いほどに持てるか。

それが、独立する上で必要なことです。

 

先程も述べましたが、自己中心的になれ!って言っているのではありません。

自分の行動に責任をもって、本気で自分の人生を自分で生きて欲しいのです。『自分ごと』への覚悟です。

まとめ

『全ては自分ごと』

最初は、与えれる影響力はほんの僅かもしれません。

しかし、実績を積み重ねていき、目標に向かって情熱的に進んでいき、失敗を糧にしながら成長していくと、影響力の輪が徐々に広がっていきます。

広がってけばいくほどに、責任の量は多くなる。

 

『責任をどれだけ受け止められるか』

これが、人の器かなぁとも思います。

 

まだまだ、私も器を広げている最中です。

一緒にあらゆることに責任を持てる自分になり、逃げない人生にしていきましょう!

 

ではでは、今日はこの辺で〜。

是非!シェアをお願いします

”稼ぐ”セールス力が身につく 7日間のメール講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です