【30代スタディツアー!!】シンガポールでセミナーを開催したらやたら盛り上がった

やぶちゃん
はい!!”稼げる”セールスコンサルタントの黒藪です。 

 

やってきました!

『海外セミナー!IN シンガポール!!』

今回はマジでエキサイティングなセミナーとなりました。

 

到着前のセミナー準備高いからも波乱万丈あり。

シンガポールに到着してからも最後の最後まで集客したり、そしてセミナーが終わってからのシンガポールの旅もまた、エキサイティングでした。

全てが新鮮であり、新しい発見ばかり。

今回は、シンガポールで開催したセミナーの全貌をお届して行きます!

01.シンガポールでなんでセミナーすることになったの?

シンガポールへ行くことになったのは、本当に軽いノリでした!

ぼくは、オンラインサロン(ぼくが入っているオンラインサロンはこちら!)に入っているのですが、そこでのちょっとしたやりとりからでした。

福室さんは、大学生向けのスタディツアーを企画・運営されているバリバリの女性経営者

(福室さんのMOTIproject | 大学生の人生の選択肢を無限に広げるスタディツアーのサイトはこちら!

中村さんは、ブログの先生でもあり、オンラインサロンの運営者

(中村さんの楽しくブログを発信する『仲村屋』のサイトはこちら!

 

みたいな、軽いノリから始まって・・・

みたいな、本気の軽いノリでシンガポールへ行くことが決定!

そこからシンガポールでもセミナー企画がスタートしました。

 

最初はなにから始めたらいいのか、まったくわからない!

まず、シンガポールに行ったことないし、海外でセミナーしたことないし、そもそもみんなリアルで会ったことありませんでした。

オンラインサロンとは『Facebookグループの限定グループの中で、様々なイベントをオンライン上で交流・企画・参加』といったものです。

オンライン上なので、だいたいのやりとりがチャットか、テレビ会議。

こんな感じで、自分たちの仕事が終った夜の22時とかから企画会議。

途中で意見が合わなかったり、みんなのモチベーションが下がったり、「何のために行くんだろう?」って迷走したりしながらも、企画を作りあげていきました。

 

僕らの結晶の企画がこちら!

(URL:https://naka668.com/seminar171127/

ブログとセールス力を活用して自分のビジネスを”ゼロ”から創り上げ、情報発信を加速させることで、シンガポールでも日本でもビジネスを成功させるためのノウハウを盛りだくさんに詰め込んでみました。

02.大好評!!セミナーレポート

セミナー会場はホテルの会議室。雰囲気も抜群で、日本ではなかなか出せない空気感で開催することができました。

 

ぼくは、”セールス力”のパートで熱い話をさせて頂きました。

・『なぜ、”ゼロ”から”イチ”を作り出すのが大変なのか?』

・『知識をキャッシュに変換することってどういうことなのか?』

・『ブログを名刺代わりに使いこなく方法とは?』

 

ここで感じたのは、『どこの国に行っても勉強熱心な方はいるだなぁ〜』と。

みなさん熱心にメモしてくださっている姿を見て、更にやる気が出ましたね。

その後の個別相談会でも、日本ではそこまで語らない突っ込んだ話も、バンバン飛び出しておりました。

シンガポールセミナーを通して開催して感じたこと

①仲間ってマジでいい!!

今回のセミナーで一番大変だったのが”集客”です。

そもそも、ぼくたちは日本にいるわけだし、シンガポールの知り合いなんていないし、シンガポール人向けの広告なんて打ったことないし。

”やったことないこと”しかありませんでした。

ぼく一人だけの開催だったら、完全に心が折れていましたね。。。

 

しかし、今回は一人じゃありません!!

東京・岐阜・大阪から集まった6人で企画から集客から開催まで力を合わせて行いました。

マジでバカな奴らです。マジで自分の仕事が好きです。そして、マジでいいやつらです!

今の時間はどこでもインターネットが繋がるし、SNSがあるし、人と繋がることやアプローチすることにハードルがめちゃくちゃ低くなりました。

今回のシンガポールセミナーでの集客方法は、”インターネットだけ”で行いました。

インターネットを使うといっても、お金をかけて集客するってのではなくて、めちゃくちゃ地味なコツコツ積み上げて行きました。

・ある仲間はセミナー用のホームページを作ってくれる

・ある仲間は、『シンガポール ブログ』で検索してブログ書いている人に、一人一人にメッセージ

・ある仲間は、インスタグラムから『#シンガポール在住』って人に、一人一人にメッセージ

・ある仲間は、Facebookからシンガポールコミュニティに入っている人に、一人一人にメッセージ

・ある仲間は、Facebookへ片っ端から上げまくる

 

セミナーが開催される日のギリギリまで、みんなでアプローチを続けました。

本気で地味。総勢で300人以上には個別にアプローチしたんじゃないなぁ。

地味で退屈なことを、みんなで刺激しあいながら楽しみながら行った結果、10名以上の方がセミナーに参加してくれました!!

日本で開催する時でも、10人集めるのもけっこう大変なのに、シンガポールでです。

これができたのは、みんなの力の結晶だなぁって心の底から感じましたね。

 

仲間の力、マジで半端ねえ〜!!

 

って心から思いましたね。

②日本でビジネスするのは、マジで簡単!

ここは、ビジネス的な観点で感じたことです。

 

シンガポールでビジネスをするのは、難しいなぁと思った理由が何個かあります。

・シンガポール以外へ働きに行くという選択肢が多い

・エリートコースとそれ以外がはっきりと別れている

・多民族国家でもあるので、中国系、マレー系、インド系の方々が住んでいる。言語もバラバラ、宗教もイスラム系を中心に多くの宗教文化がある

・また、シンガポールは就労ビザの取得が厳しいので、駐在の妻として一緒に住んでいる女性の大多数の人は、仕事をしてはいけない

 

こんなところを見ていくと、日本人がシンガポールでビジネスをするのは簡単ではありません。

実際にセミナー参加者の方にも話を聞いたのですが、

多くの方が『日本に帰った時のために、準備を始めたいんです!』と答えて下さいました。

やっぱりシンガポールで”ゼロ”からファーストキャッシュを頂く”イチ”の状態にするのは難しいんですよね。

 

そう考えると、『日本でビジネスを始めるなんてめちゃくちゃ簡単じゃないかぁ!!』って思ったんですよね。

 

・日本人だけで1億2000万人もいる

・日本だけである程度、経済が循環している

・日本語が話せたら日本人全員とコミュニケーションが取れる

・日本人は宗教の信仰が薄いので、宗教上の制限なんて気にしなくていい

・ビジネスをしたらダメだという制限がない

 

これだけでも、日本に住んでいて日本人というだけで、シンガポールに比べてめちゃくちゃ有利です。

なんでも自由にできる環境が日本にあります。

 

実際に最後の日のアテンドしてくれたシティちゃん(31歳のシンガポール系の女性)は、英語、マレー語、日本語(日本語はめちゃくちゃペラペラ)を話せるのに、仕事を探しています。

一方で、僕なんて、日本語しか話せないし、英語なんて中学2年生レベル。

ですが、ビジネスが出来て、普通の会社員より絶対に収入は多いし、独立・起業して、自分の好きな仕事だけが出来ています。

 

それはやはり”日本”だからです。

日本という素晴らしい環境があり、努力すれば絶対、自分の夢や目標は叶います。

独立・起業なんて、3年本気でやれば誰でもできると、本気で感じました。

マジで日本人であることは、ラッキーです!

 

だから、これを読んでくれている方で、独立・起業したいと思っている方は、迷わず独立して、勉強して、チャレンジして、独立・起業してください!

 

日本にいて、日本人なのに、やれない理由はありません。

日本にいて、日本人なのに、やれてないとしたら努力不足なだけです。

 

ぼくも今回のスタディツアーで改めて、日本で努力しようと確信しました!

04.まとめ

シンガポールのスタディツアー!!マジで楽しかったです!

実際に現地でセミナーが出来たことも、もちろんですが、多くの志の高いシンガポール在住の日本人に会えて刺激をもらいました。

そして、全国から集まった、熱い仲間と一緒に作り上げられたことも、とても自分を成長させてくれたと思います。

 

今度は、アフリカとかインド、エジプトなんかにも行きたいと考えています!

次回のスタディツアーを企画したらご案内します!

まじで、人生変わりますから!

おまけ〜イキガってみました〜

最後に。。。

スタディツアーでイキガっている写真を何枚かのせておいます。

お楽しみあれ。

タイトル:秒速で1億円を稼げる男達

タイトル:I LOVE SG

タイトル:やべぇ!!ビットコインが爆上がり!!

ではでは、今日はこの辺で〜

是非!シェアをお願いします

”いつかは起業!”を目指すOL・サラリーマンが起業の成功確率を飛躍的に上げられる『7つの最強のセールススキル講座』

このメール講座には

”いつかは起業!”を目指すOL・サラリーマンの方へ。

起業して成功でできる確率を飛躍的に上げられる

”稼げる”セールス技術を7つ厳選して詰め込みました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です