プロフィール

黒薮 一秀(くろやぶ かずひで)

生年月日:1986年11月4日

血液型:B型

出身地:兵庫県

趣味:華道・茶道・ランニング・犬の散歩・ポーカー・旅行

現在、法人向け、個人事業主向けに「逆あみだくじ思考」を使って「営業力アップ」と「ファン作り」について研修やコンサルティングを通してサポートさせて頂いている。

プロフィール

大学卒業後、大手商社に入社。

新入社員として商社に入社して6ヶ月目の頃、初めて担当を持った企業に訪問した際に、営業ノウハウ本に書いてあるテクニックを丸暗記し訪問し商談に臨んだところ、あからさまな誘導にイラッときたお客様は「次はこないでくれ」と言われ出入り禁止にされた。

この経験がとても情けなかったので「なんとしても認められたい!」と思い、営業力について研究を始める。
  

セミナーなどにも参加してたのですが、もっと実践的な営業力を身に着けたいと思い26歳の時に、ソフトバンク株式会社の大企業向け法人営業に転職。

そこでソフトバンクで行われている全ての研修に参加したり、トップセールスの先輩と同行させてもらったいながら、徹底的に営業力を磨き上げていく。

実践を重ねていき営業力もついてきたころで『聞く力が営業力に直結する』という営業の本質に気づく。

営業の本質を見つけてから営業成績は右肩上がりになり、
独立するまでの2年半の間に月間MVPを10回以上、最優秀セールスとして表彰されるまでになった。
 

そして、28歳の頃ソフトバンクの営業で培った営業スキルをもっと多くの人に伝えたいと思い独立起業。
営業スキルを教えるコンサルタントとして営業マンや個人事業主に向けてセミナーやコンサルティングをスタート。

順調だったのは最初の1ヶ月だけで、3ヶ月もすると全く契約が取れないという最悪の状態に陥ってしまった。

ここで挫折を経験した。
 

その原因は、後になってから気づいたのですがソフトバンク時代に培った「ロジック重視の営業方法」のまま個人の方にも商談を行っていたのだ。

当時は「個人が購買に至るステップ」を全く理解していなかった。

それに気づいてから、今度は徹底的に個人向け営業を研究を開始し、実践を繰り返し行った結果、顧客が個人になると、期待値コントロール、不安の払拭、親しみやすさといった「感情を動かす」ことが個人向けの営業には大切だと痛感。
 
 
そこから、真面目な内容以外の「雑談」も大切にするようになった。

過去最高に恥ずかしい高速道路事件の話とか、家にいるハリネズミが全く懐いてくれなくて凹んでいるなど、自分をさらけ出し、笑いを作る話を入れていくと、場が和やかになり商談がとてもスムーズに運ぶようになった。

このように、感情を動かす商談に切り替えると成約率は3倍になり、商談方法をマニュア化してクライアント様に伝えると同じく成約率が3倍変化したのである。
 
 

今まで研究してきた法人営業と独立起業後の個人営業経験をかけ合わせて出来上がったものを「逆あみだくじ思考」による営業方法と名付ける。

そして今では、マーケティングコンサルタントとして、法人様・団体様向に「逆あみだくじ思考」を基いた『営業力アップ』や『ファン作り』を研修やセミナーで伝えている。

それと平行して、累計2000名以上のフリーランスや個人事業主に対し、「逆あみだくじ思考」をもとにした『ファン作りの仕組み化』と「聞き出す営業力』のノウハウを使い売上げアップのサポートをしている。
 
 

休みは、華道と茶道の稽古を行い40歳までには門標を貰うことが目標。また愛犬の小太郎くんの散歩をしてリフレッシュしている。

PAGE TOP