自分の商品に自信がありますか?高単価商品(バックエンド)を作る時の3つの秘訣!

やぶちゃん
はい!!【ゼロイチ】の黒藪です。

 

ゼロからイチを作る時に、一番最初にぶち当たる壁が『商品作り』です。

商品作りにおいて「何からはじめたらいいのか?」「自分ができることでなにがお金にかわるのか?」わかっている方が本当に少ないです。

それに加えて、士業でもコーチングや占いの方でも、自分のスキルを低額だと販売できるのですが、高額単価の商品になると、一気に自信を無くし売れなくなってしまいます。

 

今日は、今より自分の売上を絶対に上げたい!そういった方に向けて、あなたの価値が更に上がり、ビジネスが楽になる高額単価商品の作成ポイントについてお届して行きます!

01.商品は2種類用意する

商品の設計としてはまずは、『フロントエンド』と『バックエンド』の作成が必要です。

簡単にだけ説明すると

フロントエンド:接点の商品(お試しセット、無料体験サービス、単発の商品)

バックエンド:本命の商品(コース、長期契約、高単価商品)

個人事業主で多いなやみ:バックエンドが作れない

今回の高単価商品は『バックエンド』に該当します。

個人事業主の方で多い悩みが『バックエンド』を作れないということです。

バックエンドを作ったほうがいいし、作らないと利益が上がらない・・・って分かっているんだけれども、いざ作ろうとすると作り方がわからない。

バックエンド商品の価格は30万円、40万円、80万円といったところですね。

 

フロントエンドの商品は簡単にイメージをすることができて簡単に作れます。

・カウンセリング 1回5000円

・15分占うと 2000円

・体験コーチング 1回1000円

自分もサービスを受けたことがあるし、この程度の値段は普段頻繁に目にしますよね。

だからこそ、自分としてもオファーしやすい金額なのです。

 

しかし、バックエンドの30万円、50万円といった高単価サービスはどうでしょう?

普段目にする機会が少ないし、パッと見ただけでは”高かぁ!!”ってなります。

そういったマインドブロックが、あなたのバックエンド商品作りを妨げている最大の原因です。

ただ、ちょっとした”コツ”を掴むことで、バックエンドの商品作りは飛躍的に簡単になります。

02.”自分ごと”で”本気の悩み”がバックエンドの最高の種

まず、バックエンド作りの最大のコツは

『”自分ごと”で”本気の悩み”』をゴールにした商品作りをすることです。

”自分ごと”と”本気の悩み”の両方を兼ね備えていると、とても魅力的で相手から勝手に「話しが聞きたいです!」と近寄ってきてくれます。

”自分ごと”とは!?

『自分ごと』は自分に直接的に関係することです。

この比率が高ければ高いほどに、自分に影響があるということです。

 

例えば

「インドのダイヤモンドの採掘量は年々減少しており、今では採掘量1位はロシアである」

これは自分ごとですか?

「ダイヤモンド!?まぁ指輪にはついているけど・・・。」「ダイヤモンドは知っているけど・・・。」

ぶっちゃけどうでもいい。

ダイヤモンドの採掘量が増えようと、減ろうと、今の生活にはほとんど関係しないし、自分のお金が増えるわけでもない。

これは、完全に自分ごとではなく『他人ごと』ですね。

 

一方で

「会社が経営不振で来月で倒産することが決まりましたので、今月分の給料しか払えません」

みたいなことになると「まじかぁ!?」「来月からの生活はどうしよう!?」

これは、完全に”自分ごと”ですね。自分に直接的に関係することです。

”自分”の家賃払えないのは困るし、”自分”の家族養っていけないし、そもその”自分”の仕事探さないといけないし。

”自分ごと”×”本気の悩み”が最高のバックエンドの種になる

”自分ごと”でも”本気じゃない悩み”ってのもあります。

例えば

「体重が先月よりもちょっと太った」

「給料が一般的な会社員よりもちょっと少ないくらい」

「今のお小遣いから3万円くらい増えるといいなぁ」

くらいなやつです。これは本気じゃないので「できたらいいなぁ〜」レベルです。めちゃくちゃ努力したり、手間をかけて解決するほどのことでもないのです。

ここを見ているとバックエンドは作れません。これらの問題を解決する意欲がそもそも少ないからです。

 

”自分ごと”でも”本気の悩み”ってのが最高のバックエンドの種になります。

「3ヶ月後に結婚式があるから8キロ痩せたい!」

「自営業として独立したけど、毎月収入が5万円しなくて、来月には家賃が払えなくなる」

「今まで20軒の病院を回ったけど、治療方法がわからない」

「大切な妻が仕事でストレスを抱えすぎていて、寝込んでしまった」

 

これくらい”自分ごと”で”本気の悩み”になると直ぐにでも解決したいわけですよ。

そして、解決できるなら、お金はいくらでも払います!っていう人が本当に多くいるのです。

03.”ギャップの解決”を商品にする

”自分ごと”で”本気の悩み”を埋めるのがバックエンドの商品になります。

今の地点:悩んでいる状態(問題が解決されていない)

ゴール地点:問題が解決された地点

への”ギャップ”をあなたの商品で解決してあげるのです。

 

そうするといろんな商品作りに対するヒントが出て来るのです。

・何回のサービス提供をすればお客様は問題を解決できるだろう?

・いい環境で、いい道具を使うにはどのくらいに費用がかかるだろう?

・忙しさに塗れずに、一人一人のお客様としっかり向き合うにはいくらの金額があれば余裕を持てるだろう?

 

お客様も本気だからこそ、自分も本気になる!

しっかりとお客様のギャップを埋められるまで付き合う!

本気だからこそ、適切な料金を頂き責任ある仕事をする!

これこそが、まさに誠の『価値提供』です。

 

自信を持って、『自分の全力本気サービス』=『バックエンド商品』の気持ちで商品を作ると驚くほど簡単バックエンドが作れ、そして、自信をもって売れるようになりますよ。

まとめ

高単価商品を作るのは最初は怖いです。

僕も最初は怖かったです。

「売れなかったらどうしよう・・・」ってばっかり考えていました。

 

でも、そんなん考えてもしょうがないんです!

価値を届けるのです。

ドストレートに言うと”売る”です!

弱気な方は、”売ってあげる”くらいな勢いでも十分です!

 

あなたの真剣な仕事に対する姿勢と、熱の入ったトークに響く方は絶対にいます。

そして、響いてくださった方には、自分も”本気”で、お客様は”他人”ではあるけれども”自分ごと”としてお客様の問題解決に全力を尽くす!

それを諦めずに繰り返していると、自然とあなたの周りには多くの応援者であるファンがいます。

 

諦めず自信をもってやりましょう!

僕も同じくやり続けます!!

 

ではでは今日はこのへんで〜。

是非!シェアをお願いします

”稼ぐ”セールス力が身につく 7日間のメール講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です