電話受付時間 10時〜20時

起業1年目から積み上げ式でビジネスを作り起業3年目で年収1200万円を着実に達成する方法をサポート中!!

【失敗談】認定資格は取得したが集客に苦労した講師業で起業した方へのインタビュー

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2歳の時に両親が離婚。 父子家庭育ちの孤独少年。 産んでくれた母親に「お母さん」と言えたことがない。 ソフトバンクの大企業向け法人営業を西日本2位の成績で退社後、起業・独立。 士業・スピリチュアル・講師・コーチなどの個人起業家へ堅実経営方法をお伝えし、起業1年目から積み上げ式でビジネスを作り、起業3年で年収1200万円を着実に達成する方法をサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら

  • 「講師業でつまづきやすいポイントは?」
  • 「教えることをビジネスにするってどういうこと?」
  • 「認定資格を取ったけどその後ビジネスになっているの?」
  • 「認定資格を取った人って本当に稼げているの?」
  • 「認定資格を取れたら、すぐに稼げるようになるの?」
  • 「認定資格を取ったのはいいけど、全然集客できない」

今あなたは、こんなお悩みを抱えていませんか?

加えて、

認定資格さえ取れば稼げるようになる!!

と思っていませんか?

実のところ、あなたと同じ悩みを持つ方はたくさんいらっしゃいます。

 

 

そこで今回は、30代で講師業での起業した方に、起業準備中に失敗してしまったことを、インタビューしました。

講師業や認定資格を取得して起業を目指している方へ、少しでも参考になると嬉しいです!!

では、早速始めていきましょう!!

登場人物

 認定資格の講師業で起業したKさん(30代)

 起業3年目までの売上作りコンサルタント 黒藪 一秀

【認定資格で教室を開講!!】集客で失敗を経験しました

 こんにちは。Kさん、よろしくお願いします。今のお仕事はいつから始めたのですか?

 ストレッチ教室講師として2年前に起業しました。

 起業してからの「今だから話せる」失敗談を教えてください。

 とある、協会の認定資格講座に通い、インストラクター講座まで受講しました。そこで認定資格を取得し、起業に向けて準備を始めたのですが、生徒さん達が集まるまでにものすごく時間がかかりました。

 

需要がある内容だと思っていただけに、 予想外であり、最初はとてもあせりました。

 今思えば「失敗」だと感じるのに、当時はなぜその選択肢を取ってしまったのでしょうか?

 健康志向の方たちが多く様々な人が体を改善しようと努力している現代、メディアでも有名になったり有名人が行っていたり 、たくさんの本や教室が日本中にあるので、 需要がかなりあると思い、元々認定資格をとっていたヨガを取り入れたストレッチを教えるために教室を開いたのですが、 どうやら地域と立地が悪かったらしく、なかなか生徒さん達が集まりませんでした。

 

細々とやっていきながら、色々な所に広告を出したりして生徒さん達を少しずつ集めました。

 なるほど。認定資格を取るために講座を受講している方のよくある失敗パターンですね。

失敗パターンとして、多くの人が陥るのが、認定資格を取得さえすれば、ビジネスは成功し、稼げると勘違いしてしまうことです。

そしてこの最悪なパターンは、「この認定資格だけでは足りないんじゃない!?更に上位の認定資格も追加で取ろう!!」

と、認定資格マニアになってしまうことです。

 

認定資格をいっぱいとっても、実際にお客様を取らなければお代金を頂くことはできません。

Kさんの場合も、認定資格を取ることに頑張りすぎて、マーケティングやセールスの部分を疎かにたのが原因で起業初期に失敗してしまいましたね。

 

では、今、当時に戻れるとしたらどんな行動をしますか?これから起業準備を始める方の参考になるかと思いますので、ぜひ教えてください

 とにかく私の自宅から少し離れても良いので、人が集まりやすい地域のアクセスが良い立地と、住民の年齢層( 主婦をやっている方達が多く住んでいる地域など)を事前によくリサーチして分析してから教室を開く場所を決めるようにします。

 

以前働いていた会社が自宅からかなり遠いところで通勤が大変だったので、なんとなく家に近いところを教室の場所として選んでしまいました。 教室オープン後に生徒さんが集まらないことの方が大変なので、とにかく立地で教室の場所を決めます。

 

今、認定資格を取得するために講座に通っている方はもちろん資格の知識も大切ですが、

  • 集客の仕組み作り
  • 商品設計
  • ブランディング
  • セールス
  • 紹介、口コミ
  • リピート戦略

などの、ビジネススキルも起業で成功させるには必須です。

認定資格もビジネススキルと掛け合わせて、始めてお客様からお代金を頂けるようになるのです。

Kさんと同じような失敗をしないために、集客の仕組み作りを今から始めておきましょうね。

 

認定資格の方がすぐにでも身に着けられる、知識をお金に変換する方法を細かく書いた記事は最後に乗せておくので良かったら、合わせて読んで見てくださいね。

Kさん、貴重なお話ありがとうございました!

他の方にも話を伺ってきました!

ニーズがあると確信して起業したKさんでしたが、教室の周り(地域性や立地)を深く考えていなかったために失敗したとのこと。ざっくりとした憶測ではなく、根拠のある裏付けを取ることが必要ですね。

10人いれば10人の違う起業に向けての準備、独自の行動指針があります。

それでは、他の方のご意見もご紹介していきましょう。

【認定資格取得に費やした時間とコスト】で失敗を経験しました《30代》

現在のお仕事は何ですか?

講師として働いています。2年前に辞め、起業しました。

これまでに「失敗だったなぁ」と思うことを教えてください

講座を修了するまでにかけた費用や、勉強時間の分までは思ったほど稼げていないです。

今思えば「失敗」だと感じるのに、当時はなぜその選択肢を取ってしまったのでしょうか?

本業がだんだん世間では淘汰され、副業の方が稼げる状態でした。

ですが、オリンピック前に景気が後退し、国の基準が厳しくなった為、本業、副業共倒れになってしまいました。

 

現在の国の方針と景気が合っていないのに、どちらかが今後合わせられる、修正されると思い、2足のわらじの方が安全だという選択をしてしまいました。

保険をつけ、安心したつもりでしたが、保険のつもりが保険料の高さに押し潰された形が、結果として現れたのでしょう。

今、当時に戻れるとしたら、どんな行動をしますか?

景気後退が前倒しになり、景気回復も前倒しになる事を予想すると思います。

興味がある講座自体を、今後需要がありそうな別の講座を受講していたと思います。

 

あるいは、最安値での受講を考えるかどちらかです。

その時間は仕事について考え、残りの人生の目標、幸せな人生を送る為の時間を選ぶ期間だったのかもしれません。

今後回復する迄の時間は、本業、副業共に景気に左右される以上、個人の頑張りだけではどうにもならないです。

【他の講師仲間との差別化】で失敗を経験しました《40代》

現在のお仕事は何ですか?

事務職です。副業として活動しています。

これまでに「失敗だったなぁ」と思うことを教えてください

パステルシャインアートを学べてワークショップを開ける認定講座に申し込みましたが、そこまでしなくても良かったなと思います。

今思えば「失敗」だと感じるのに、当時はなぜその選択肢を取ってしまったのでしょうか?

対象年齢が幅広く、どなたでもとても簡単に描けるパステルシャインアートの魅力に気づき、たくさんの方に体験してもらいたいと思いインストラクターの資格を取りました。

自分自身、集中して描くことでストレス発散、リフレッシュにも繋がりました。

 

ワークショップなども計画し、イベントにも参加しましたが、一度体験すれば満足、という方が多くリピート率が低かったです。もっと意欲的に工夫したら良かったのだと思いますが、なかなか良いアイディアが浮かびませんでした。

今、当時に戻れるとしたら、どんな行動をしますか?

資格を取ってこれから始めよう!と考えていた時は、あまりわからなかったのですが、初めてからしばらくたって、他の方も(結構たくさん)パステルシャインアートやパステルアートの講座、ワークショップを開いていました。

 

その中で私のワークショップを選んでもらえる付加価値が見いだせなかったので、趣味の範囲で楽しむだけにしていたと思います。それにプラスして少し人見知りの所がありますので、見ず知らずの方に声をかけるのが苦手。

 

そこを良く考えたらその仕事をしよう!とは思わなかったです。当時は描くことが楽しくて、そのことを広めたい気持ちの方が強かったので、見て見ぬふりをしました。すると思います。

まとめ

今回は、Kさんを始め、認定資格を取得して副業・起業を目指して失敗した3名の方のインタビューを紹介していきました。

「資格があるから稼げる」というのは、勘違いです。

弁護士や公認会計士も、お客様がいなければ結局は宝の持ち腐れです。

 

副業も起業も、全てはお客様がいて始めて成り立ちます。

だかこそ、専門知識に加えて、集客のスキル、セールスのスキル、ブランディングのスキルが必要になります。

 

このブログは、あなたの持っている知識をお金に変える、ノウハウをメインでお伝えしております。

認定資格を持っているけど、売上が上がっていないのはビジネスの仕組み作りが弱いからです。

 

今回のオススメ記事は、ビジネスの仕組み作りについて、細かく書いた記事を添えておきます。

こちらの記事も合わせてチェックしてもらえると、今回の失敗例のインタビューの克服方法が身につきます!!

【オススメ記事】

ではでは、今日もありがとうございます!!

売れる営業トーク

8のステップ

営業苦手を克服したい!!

けど、具体的な方法がわからない...方へ。

細かすぎるくらいに場面を想定して

8のステップに細分化!!

堅実にビジネスを成長させてきた

5年間で創り上げた秘伝のマニュアル

今だけ無料でお渡ししています。
よろしければ、ぜひお受け取りください。


この記事を書いている人 - WRITER -
2歳の時に両親が離婚。 父子家庭育ちの孤独少年。 産んでくれた母親に「お母さん」と言えたことがない。 ソフトバンクの大企業向け法人営業を西日本2位の成績で退社後、起業・独立。 士業・スピリチュアル・講師・コーチなどの個人起業家へ堅実経営方法をお伝えし、起業1年目から積み上げ式でビジネスを作り、起業3年で年収1200万円を着実に達成する方法をサポートしている。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ビジネス構築.com , 2019 All Rights Reserved.