サラリーマンから起業するには。【知って得する3つのポイント】本命商品を作るコツ

はい!

ビジネススタートコンサルタント 黒藪です。

 

さてさて。

今日は、サラリーマンから起業する時に一番悩む本命商品の構築について書いていこうと思ってます。

多くの方が何となくこの本命商品を構築しております。

セミナーに来てくださった方へ質問すると・・・

  • 教えてくれた人と同じプランです
  • なんとなくです
  • まだ、本命商品は出来ていません
  • どうやって本命商品を作ったらいいかわからない

 

なんて答えが結構返ってきます。

そりゃ〜やったことないし、初めてなんだからわかんないですよね。

そこで、起業して少しでも長く生き残って頂く為に、知る人ぞ知る!!本命商品を作る時の3つのコツをお届けいたします。

本命商品とはそもそもなに!?

 

本命商品=本当に売りたい商品

 

そのまんまやん!!って突っ込まれたあなた。

その通りなんですがこれから起業したい!て思っている方は、この本命商品が明確になっていない方が多いんです。

 

本命商品(本当に売りたい商品)を作るうえで、一番大切なことはミッション(目的)です。

  • 何のためにその商品を売りたいのか?
  • その商品を買って頂いた方がどうなってほしいのか?
  • どのような役に立てるのか?

を明確にする必要があります。

この答えを集約したものが本命商品のミッション(目的)になります。

 

このミッションが本命商品に乗っかっていかないと、商品をオススメする(クロージング)時に、全然説得力が出ません。

  • ダダ儲かるから・・・
  • ただ、商材として持っているから・・・
  • 友達がやっているからなんとなくやってるねん

みたいな感じだと、相手にも直ぐに見破られます。

逆の立場だとこんなペラペラな想いで商品を勧められても買わないですよね。

まずは、自分の本当に売りたい商品のミッション(目的)を定めて見てください。

 

本当にやりたいことをビジネスの本命商品とする

  • 3年以内くらいに独立したいなぁ。
  • すぐにでも副業からビジネスをスタートしていこう!!
  • 30歳までには独立いたい!!

こういった、これから起業を考えているあなたは、本命商品についてはよく考えてみて下さい。

ビジネスは一瞬の最大瞬間風速を出すものではなく、ずっと続けていくことが大切です。

 

続ければ続けるほどに、いっぱいの方に自分のサービスをご提供できますし、

多くの方が幸せに喜んでくれます。

続けることはビジネスにとって使命でもあります。

 

なので、ビジネスは最大の使命は続けることなのです。

続るために、自分の【本当にやりたいこと】本命商品としなくてはいけません。

 

本命商品を創り上げる時に、知って得する3つのポイント

起業で成功したいあなたへ。本命商品を創り上げるポイントは3つあります。

1:高単価

2:ストック型とフロー型の組み合わせ

3:長期契約

この3つは続けるビジネスを創り上げる為にはとっても大切な要素となります。

 

知って得するポイント①本命商品は高単価がよい!

本命商品は高単価にすべきです。

本命商品は自分が一番売りたい商品であり、本命商品は利益を得ることが目的です。

大企業ならば薄利多売(利益の薄い商品を数多く販売する)の戦略でもいいです。

 

しかし、自分一人で起業してスタートさせる私たちの方法では、数多く商品を販売するのはとても難しくなります。

個人で起業するには、高単価な商品を少数販売するほうが賢い戦略となります。

 

一番の理由は時間とお金に余裕ができることです。

【高単価商品のいい所】

  • 単価を上げると利益額が多くなるので販売数を追わなくてもよい
  • 月に2,3件決まると生活費や経費が賄えるので、心にも余裕が出る
  • 働く時間を短くできる
  • 空いた時間で新しいコンテンツの作成や、新たな情報収集にも使うことができる
  • お客様を選ぶことができる(気の合う、ステキな人のみに商品を提供できる)
  • 自分の価値を妥協せずに提供できる

いい所がめちゃくちゃあります!!

なので、本命商品は高単価にしたほうがいいのです!

知って得するポイント②本命商品はストック型収入とフロー型収入の組み合わせ!

本命商品はストック型収入とフロー型収入の組み合わせが最強だと考えてます。

ここで、ストック型収入とフロー型収入を少し解説しますね。

ストック型収入とフロー型収入のとは?

スクリーンショット 2016-05-25 16.06.29

この2の収入を頂くにはどうしたらいいか!?

それは、入会金と毎月金を頂くのです。要はスポーツクラブを同じですね。

例えば、スポーツクラブの場合でいうと入会金1万円、月々は8000円。こういうところってよくありますよね。

これを、自分の本命商品に当てはめていくのです。

 

そして、ストック型収入とフロー型収入では費用の使いみちが若干異なります。

ストック型収入=毎月定期的に見込める金額となり、固定費を賄う上での柱とします。

固定費<ストック型収入

(※この形をまずは、独立してから目指しま

 

毎月定期的に入ってくる収入が固定費(生活費)を超えることができたら、ビジネスを継続することはできます。

それに加えて一番大きいのが、心が安定します。

毎月オーダを上げないと生活費が賄えない!!というのは、精神的は辛いものがあります。

まずは、固定費<ストック型収入をなんしか目指してください!!

 

フロー型収入=契約金、入会金のようなストック型収入よりも金額が多い。

貯蓄=フロー型収入

(余剰金とし貯蓄に回すことをメインの役割)

ビジネスは投資→回収→投資→回収の繰り返しです。

投資するための余剰金を残すのがフロー型収入の役割です。

毎月頂くストック型収入よりも単価が高いし、原則は固定費に当てる必要のない収入になります。

このフロー型収入をもって、次なる投資の元金とするのです。

 

この2つの収入の組み合わせを持つことで、

お互いのデメリットを補い合うことができ、より長くビジネスを続けていくことが可能となります。

 

知って得するポイント③本命商品は長期契約がよい!

本命商品は長期契約がよいです!

単発商品ばかりを販売していると、常に新しいお客様を探し続けないといけません。

全てのビジネスで一番、労力と時間とお金がかかるのは新規集客です。

新規顧客獲得コストは既存顧客を維持する費用の5倍かかると言われております。

 

既存のお客様に時間と想いをかけるには、出来る限り長期契約で深い信頼関係を築いていくことが本当に大切です。

最初、お客様はサービスを利用して頂いているだけかもしれません。

しかし深い信頼関係が築けていくと、ご紹介をして頂いたり、困った時に助けてくれたりと、お客様から協力者への変わっていきます。

 

協力者になってくれた時に、

相互依存(お互いが自立し助け合える存在)になりさらに大きくビジネスを展開できる基盤となります。

 

まとめ

サラリーマンから起業する上で、自分がどのビジネスを本命とするかは、とっても難しいところですよね。

僕もそうでした。

何回も迷いながら今のビジネスに携わっております。

だれもが直ぐにできたわけではないので、

行動⇒修正⇒行動⇒修正をして徐々に自分のしたいビジネスができる環境を整えていきましょう!!

 

是非!シェアをお願いします

”稼ぐ”セールス力が身につく 7日間のメール講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です