右脳タイプで感覚派の会社員・OL・主婦の方の起業をサポート

自分の趣味・特技・知識・好きなことで独立起業して、圧倒的に稼ぎ続ける起業家になるための現実的な方法論を伝授する無料電子書籍&無料メール講座はこちらから

起業を目指すとき初めにやってくる3万円のお金の壁

 
 
この記事を書いている人 - WRITER -
ビジネス具体化コンサルタント 2歳の時に両親が離婚。 父子家庭の一人息子として育つ。 今まで一度も、産んでくれた母親に「お母さん」ということを言えたことがない孤独少年。 ソフトバンクの法人営業をを退社後、起業・独立。 『自分の好きをビジネスに!・知識をお金に変換する』を軸にしたリスクなく起業する方法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

 

副業から自分でビジネスを始める時に、多くの方が疑問に思うことが、「どのくらい稼いだら合格ラインなのか?」です。

自分のビジネスで起業したのはいいものの、どこを目安としたらいいのかわからない人が多いのです。

 

当然、副業から起業準備をスタートし始めたころは、全く稼げない日々が続きます。

暗い終わりのないトンネルの中を、ず〜っと進んでいくのは不安だしモチベーションが続かないですよね。

ぼくも同じことで悩んだことがあります。

 

だから今回は起業を成功させたいと考えている方へ、事前に知っておいたほうがいい大きなお金の壁である、『3万円を稼ぐ壁』について具体的に解説していきます。

この壁を突破できるかどうかで、起業が成功するのか失敗するのかが決まります。

 

最短・最速で起業を目指す方は、この後の内容も続けて読んで見てください。

今日から使える内容が盛りだくさんに入っています。

まずは3万円を稼ぐこと!

起業してからの第一の壁として、3万円を稼ぐことです。

起業を目指す方の多くの方は、この3万円を稼ぐ壁を超えることができません。

特に、副業の段階で「稼げたらいいなぁ」レベルの人だと、95%以上の人が3万円を稼ぐまでに諦めてしまいます。

 

自分の好きなこと・才能・スキルで起業して3万円を稼ぐ方程式はシンプルです。

その方程式とは

◯3000円の商品×10件=3万円

◯5000円の商品×6件=3万円

です。

 

起業して間もないころは、いきなり1万円単位の商品を販売することは難しいです。

最初は3000円や5000円の商品を売るところから始めましょう。

 

3000円の商品の例

3000円の商品を作ることは全然難しくありません。

基本的な考えとしては、「自分が主催になる」ということを意識すればいいのです。

 

具体的に開催しやすいのは以下の2つです。

  • 1回2時間程度のセミナー開催
  • 少人数のワークショップ開催

 

自分の知識・才能・好きなことをお金に変えていくことは、「教えてお金を頂く」ことになります。

なので、3000円の商品で個別対応をしてしまうと手間と時間がかかりすぎるので、1回に複数の人の方に価値が届けられる、セミナー形式かワークショップ形式がオススメです。

5000円の商品の例

5000円になると、ハードルが少し上がります。

5000円の商品作りの基本的な考え方は、体験個別相談にするということです。

 

具体例はやりやすいのは

  • 初回限定個別相談(個別コーチング、カウンセリング、占いなど)
  • 初回限定体験会(セラピスト、施術を行う系)

 

5000円のお金を払うとなると、相手もリターンを期待します。

「試しにとりあえず行ってみるかぁ〜」っていう金額ではなくなっているのです。

 

だから、しっかりと価値を感じて頂けるためにも、起業初期の段階においては、個別対応がオススメです。

この個別対応でとても満足してくださったお客様に、次の本命商品のオファーをするというのが、知識をお金に変えるもっとも、スタンダードな成功の流れです。

集客が難しい時代だからこそ、高単価商品を売る技術を身に付けよう!

月に3万円〜5万円を稼げた人が次にぶち当たる壁は、高単価セールスの不安です。

ここでいう高単価は、5万円や10万円以上の商品を指します。

 

ぼくの周りにいるネイリスト・整骨院・コーチング・ヒーラー・カウンセリング・コンサル・トレーナーの方々を見ていても、高単価商品の販売が苦手な方は、経営がとっても大変です。

それだと、収入が全然安定しないし、稼ぐことがかなり難しいです。

 

今の時代はスマホの出現によって比較検討が簡単にできるようになりました。

そのため、集客が難しくお客様にセールスできる機会が激減しています。

だからこそ、一人のお客様にしっかりと価値を提供して、しっかりとお金を頂く必要があります。

 

この、しっかりとお金を頂く方法が、高単価商品の販売なのです。

次のステージ:月20万円以上稼ぎたいなら、高単価商品を売る勇気を持て!

月に3万円〜5万円を売れるようになった人が停滞しやすい理由は、

高単価商品を売ることに対する不安

もしくは、

高単価商品を売ろうとしない

のどちらかです。

 

先にも書いた通り、スマホの出現によって集客は難しく、数多くのお客様に商品を売るには限界があります。

月に3万円〜5万円の収入を稼ぐことができたなら、迷うことなく次の段階へ進むべきです!

次のステップであり月20万円以上を稼ぎたいと思ったら、高額商品を売るビジネスへとステップアップすることが必須です。

 

※高単価セールスの具体的な方法はこちらの記事に詳しく書いております

 

まずは、20万円以上稼ぎたい!と思うのであれば、3000円や5000円の商品販売から一歩踏み出して、高単価商品を売るために必要な知識やマインドを身に着けてください。

それらの、高単価セールスに必要な具体的なノウハウはこちらのメルマガでもお届けしておりますので、チェックしてくださいね。

最後に:高単価商品を売る最速のたった一つの方法

高単価商品を売る最短の方法は、高単価商品を今すぐ作ることです。

「当たり前じゃん!」って思った方の多くは、高単価商品をもっていません。

高単価商品を作る時のプロセスはこの流れを守ってください。

10万円・30万円・50万円と値段から先に決める
この値段に対して3倍の価値(内容)を加える

 

高単価商品を自分でもっていたら、売れますが、持っていないと売れません。

せっかく毎日、多くの方にお会いして、自分のサービスを売り込んでいるのに、3000円や5000円だけの商品を販売して止まっていては、もったいないです。

 

いつでも高単価商品を売れるぞ!という心構えを持つだけでも売れる確率は2倍以上変わってきます。

だから、まずはこの記事を読み終わった瞬間から、10万円・20万円・30万円の商品を作ってください。

こちらのメルマガに登録して頂ければ具体的に高単価商品の作り方が書いてある、電子書籍をプレゼントいたしますので確認してください。

 

まとめ

まずは、副業から独立を目指している場合は毎月3万円を稼げるようになりましょう!

毎月3万円稼げるようになると、起業を目指して行動している人のTOP10%には入れます。

これが起業準備を初めて3〜6ヶ月以内に達成できるとかなり優秀ですし、諦めなければ10万円、20万円と稼ぐことができます。

 

そこからは次のステージになってきます。

次のステージである毎月30万円を安定する方法については次回お届けしていきますので、楽しみにお待ちくださいね。

 

では、今日もお付き合いありがとうございます!

この記事を書いている人 - WRITER -
ビジネス具体化コンサルタント 2歳の時に両親が離婚。 父子家庭の一人息子として育つ。 今まで一度も、産んでくれた母親に「お母さん」ということを言えたことがない孤独少年。 ソフトバンクの法人営業をを退社後、起業・独立。 『自分の好きをビジネスに!・知識をお金に変換する』を軸にしたリスクなく起業する方法をお伝えしています。
詳しいプロフィールはこちら

Amazon電子書籍
無料プレゼントキャンペーン

副業から起業準備を始める23の成功パターン
口下手な会社員・主婦・ビジネス未経験の方
専用の起業マニュアル

営業スキル、戦略、マインドセットがあれば、

自分の今までの経験・実績・スキル・

趣味・特技・知識・好きなことで起業して
安定的に稼ぎ続けながら成功することができる

と僕は確信しています。

実践するべき独立起業ノウハウを詰め込んだ
電子書籍は現在Amazonにて販売中ですが、

今だけ無料でお渡ししています。
よろしければ、ぜひお受け取りください。

秘密の特典付きですぐに読むことができます。

 



運営者 黒藪について

Red Heart代表 黒藪一秀

Red Heart代表、当ブログを運営している
ビジネス具体化コンサルタントの黒藪です。

『稼ぎ続けられる本物の独立起業ノウハウ』
をコンセプトに、起業を目指しているけど、
具体的なステップが分からない方への、

スタートアップから年収1200万円までの
ビジネス具体化のお手伝いをしております。

新卒で大手専門商社に入社。
その後中途採用からわずか2年半で
ソフトバンク株式会社直販営業本部
西日本1位
を獲得。


その後退職し、起業・独立。

ソフトバンク流営業力と、
自己投資1000万円以上かけて
独自に開発した本物の

知識をキャッシュに変える具体化スキル
2つの観点から、具体的に成果が出せる
コンサルティングを行っております。



- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です