誰でも今日からできる〜この瞬間から身に付ける成果を出せる努力の方法〜

はい!

黒藪です。

 

努力ってしたくないですよね・・・。

すいません。。。

ちょっと角度が違いました!

 

無駄な努力ってしたくないですよね?

 

このやり方を続けていって本当に意味あるの??

積み重ねって言われるけどこのままで大丈夫なんか!?

そもそも努力っていうのが嫌だ!!

 

こういった、悩みや疑問を持つ最大の理由は

【成果が出ていないから】です。

 

今日は確実に成果の出る努力の方法についてお届けします。

これを身につけると、努力が努力でなくなる!!

 

そもそも努力とは!?

そもそも努力ってする必要があるのか。ってところもありますよね。

努力とはウェキペディア情報だと

努力とは、目標を掲げ、そこに到達するために邁進することである。

固てぇなぁ〜って感じです。

だから、今の若者は努力って言葉に嫌悪感を感じて

「努力する必要あるの〜」

「努力ってかっこ悪いよねぇ〜」

みたいになっているのです。

 

努力=大変なことをしないとダメ

っていうイメージが強いんですよね。

 

大変なことはやりたくないし、始めようとしない。

努力っていう言葉の重みが半端ないです。

 

誰しも努力なくして「成功したい」とか「目標を達成したい」,「女の子モテたい!」とか思ってますもん。

もちろんぼくもめちゃくちゃ思ってます。

大変なことするぐらいなら、やらないほうがマシ。

 

努力の量>成果の量

 

のイメージが

最大のメンタルブロックになっているのです。

 

これを解消する方法は簡単です!

努力の量<成果の量

努力の量より成果の量が多かったらいいんです。

 

成果の出る努力の方法

努力の質を上げる方法は2つあります。

1つ目は素直に人のいい所を真似る・パクる

2つ目はインプットとアウトプットは2つでセットと考える

 

素直に人のいいところを真似る・パクる

わかりやすいのはカーナビです!!

ナビをセットしているのにカーナビを疑う人はいませんよね。

カーナビが導いてくれる通りに行くと、その目的地に最短で着くことができます。

 

素直に人のいいところを真似るとは、まさにカーナビ通りに行くってことです。

 

無駄=ロスです。

道を間違えるのはロスになります。

 

先人がすでに歩んだ道にはロスは少ないですね。

その道を進んで行くのは、成果の出やすい努力といます。

インプットとアウトプットは2つでセットと考える

人が努力する理由は

その努力を使う場面があるからです。

 

◯甲子園に出場するために、めちゃくちゃ練習する

◯リオオリンピックに出るからめちゃくちゃ練習する

◯海外出張するからめちゃくちゃ練習する

 

みんな努力を使う場面があるから、努力することに力を入れることができるんです。

 

インプット=努力すること

アウトプット=努力を披露する

 

『努力すること』と『努力を披露する』はセットとします。

努力する最大のコツは

努力する前に披露する場面を作ってしまうことです。

 

運動したいなら、ハーフマラソンに申し込む!

腹筋を6つに割りたいなら、好きな女の子と海に行く約束をする!

起業したいなら、先日付で退職届を書く!

セールスの技術を身に付けたいなら、自分のサービスを作り上げて、申し込み書作って、印鑑作って、銀行口座作って、名刺を作る!!

 

努力の成果を披露する場面があるから、人はそれに向かって行動を起こそうとする。

 

まとめ

 

ぼくは、努力大好きです!!

 

人が見ていない時にレベルアップしている感じが、なんか嬉しいんですよね。

「おっ!こんなこともできるようになってるんやぁ!?」

「そんなやつやったけ!?」

って言われる快感!

 

完全なる自己満足ですが、いいんです!

どんな理由であれ、積み重ねができて成果を出すために進んでいる姿は、だれがなんと言おうと

カッコいいです!!

 

みなさん楽しい努力の方法を身に付けていきましょう!!

 

是非!シェアをお願いします

無料メルマガ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です