20代で起業したいと思って色々体験した中でよかったなぁと思う5コのこと

はい!

【ゼロイチ】起業の黒藪です。

 

独立・起業したいと思ってる方に多い悩みがあります。

『独立するまでにどんな準備をしたらいいのだろう?』ということです。

 

僕も22歳からなんとなく独立できならいいなぁと思い初めて、24歳から本格的に起業に向けての勉強を開始。

27歳から副業としてビジネスを始めました。

実際には28歳でゼロイチ起業コンサルタントとして独立。お陰様でクライアント様が成果を出してくれて、長いお付き合いだと3年目に入る方もいます。

今回は20代で起業したい方や、これから起業を考えている方に、ぼくが実際に体験してよかったなぁと思う上位5コのことをお届けいたします。

 

無駄なように見えて、全てが今の仕事に繋がっている貴重な体験。失敗もいまでもめちゃくちゃ役に立っていること。両方あります!

01.本に線を引く習慣をつけた

22歳の起業を考え始めた僕は、几帳面な性格もあって、本をめちゃくちゃ綺麗に読んでいました。

帯を取っておくのも当たりまえで、できるだけ綺麗なまま棚に並べておくことに幸せと自己重要感を感じておりました。

その頃は

『ビジネス書を読んでいるオレ、イケてるやろ〜』

友だちや当時の彼女にもやたらビジネス書を読んでいることを自慢していた。当時は、ビジネス書は僕の中でステータスを示すものやファッションだったんですね。

 

そんな浅はかな僕でしたが、今では本の読み方が一変しております。

今の観点は『クライアント様へ今以上に質の高い考え方、情報を届けるため』です。この1点にフォーカスして、本を読んだりセミナーに参加したり、情報収集したりしています。

 

この習慣が身に付き始めたのは27歳くらいの時。

セミナーで本の要約を話したいなぁと思って、大切なだと思う所に線を引き出したのがきっかけです。

また、大切なページにはドッグイヤー(ページの角っこをちょっと折る)をすることを始めました。

今では、ペンを持たないで本を読むってことがほとんどなくなりましたね。

この習慣は今では本当に役に立っております。

 

本を読むスピードも格段に上がる。本の大切な部分を直ぐに人に話せるよになる。面白くない本を一瞬で見極められるようになったり。

本は芸術作品ではありません。飾っているだけで内容が理解できておらず、実践できていないと意味がありません。

本の中にある知識・知恵が実践出来るから成果が出せるのです。

 

『本に線を引く習慣』これはかなりオススメの習慣です!

02.戦略的に転職した

転職は僕の人生を大きく変えました。

22歳の起業をしたいと考えていたころは、新入社員として大手専門商社の商社マンとして働いておりました。

入社して会社はとても素晴らしく、新入社員の僕を手塩にかけ育ててくれました。

しかし、歴史の長い会社であり産業機会向け製品を扱っていたので、ゴリゴリの営業ではなくて守りの営業だったので、正直ゆるかった。

ルートセールスであり、御用聞き営業って感じでしたね。

4年目になると仕事への『刺激と伸びしろ』がなく、成長している気が全くしていませんでした。

 

25歳も終盤に差し掛かる時でしたね。転職を考えたわけです。

転職の最大の目的が『営業力を鍛えたかった』

そして、転職先の条件が

・新規開拓営業ができる

・若手でも成績しだいて大きな仕事を任せてもらえる

の2点でした。

 

2点の条件、想いを定めた時に、ソフトバンクの友人から転職の誘いがあったのです。ソフトバンクは2つの条件にピッタリな会社でした。

 

大企業様向け新規法人営業ということで花形の部隊。部署には優秀な人材がめちゃくちゃいました。東大、京大、早稲田、慶応、神大はあたりまえのようにいましたし、直属の上司も外資から転職組ともあり、めちゃくちゃ優秀な方でした。

ソフトバンクへの戦略的な転職で、独立が加速したと確実に思っています。

 

『今はサラリーマンだけど起業したい!』と考えているのであれば、独立する前に『転職』することは全然ありです。むしろ僕としてはオススメしています。

『逃げの転職』はプラスには絶対に働きません。得たいモノが明確である『戦略的な転職』は独立にとても役立ちます。

起業に向けて立ち止まっているなぁと感じている方は、転職をして再スタートを切って見て下さい。

そして、改めて期間を設定して、自分の成長を加速させてください。

それができるのが、戦略的転職です。

03.ゴリゴリとネットワークビジネスに誘われた

ネットワークビジネス!

良いイメージと悪いイメージを持った方がいると想います。

僕はネットワークビジネスをやってもいないし、やったこともありません。

でも、20代の前半の時にはめちゃくちゃ誘われました。

 

アムウェイ、ネイチャーズサンシャインプロダクツ、ティエンズ、ナチュラリープラス、旅行系のリゾネット。

覚えているだけでもこんなにあるので、まだけっこうあったと思います。

 

ネットワークビジネス事態が悪いものではないのです。

・実際に収益が発生する

・口コミで商品を広げる

・アップ(先輩)がダウン(後輩)にビジネスの指導をする

・週間目標や活動計画をマメに報告する

・グループで集まってセミナーや勉強会を開催する

・チーム内の結束力を高める為にイベントを開催する(愛・所属の欲求)

などなど、ビジネスとしての仕組みがすごく考えられております。

 

残念なのが世間のイメージが悪すぎる。また、成功している人が圧倒的に少ない。

個人的な体験でしか言えませんが、10万円以上稼げている人は30人中1人くらいかなぁって感じです。

年間200人以上の人に会って話しているので、まぁ外してはいないかなぁと。

 

誘われている時に毎回思っていたのです。

『もっと世間にイメージが良くて、儲かるビジネスがあるはずだ!』

そして、一番感じたことが『勧めることと押しつけることは違う』と。

 

僕が今まで、お誘いを受けたネットワークビジネスの方々は、セールスがめちゃくちゃ下手でした。

すぐにカタログ出すし、二人で会う予定が「ちょっと会って欲しい人を呼んでいる」とか急に言われたり、ビジネスの話をするとドギマギしたり。

ネットワークビジネスを薦めてくる方は『売りたい!売りたい!売りたい!』の一心だったんです。

 

これは、セールスの本質である、『問題解決をオファーする』ことから外れています。

提案ではなくて、だだの『押し付け』ですね。

僕は絶対にこんなセールスはしたくないって思いましたね。

 

20代の若手の内にネットワークにゴリゴリ誘われた経験をしたからこそ、商品設計、セールス、マーケティング、世間で必要とされていること、喜ばれること。を真剣に学んだんだと思います。

実際にネットワークビジネスはやっていないし、これからもやることなないと思います。

ですが、この経験は独立するにあたってとても勉強になった経験です。

04.投資商品に騙された

投資系の商品には何回か騙されましたね。ちょっと貯金ができはじめた25歳とか26歳とか。

毎回勉強だなぁって前向きに捉えています。

 

僕が騙された中で一番多いのは『海外』が絡む商品。

タックスヘイブン、海外のファンド系、海外のシステムを使っています!みたいなやつです。

海外が絡む商品は、全然透明性が無いわけですよ。入金は簡単に出来るのですが、出金がめちゃくちゃめんどくさかったり、出金できるまでの期間が長かったり、海外で銀行口座を持つ必要があったり。

 

一般人のレベルに落ちてくる『この投資商品めっちゃ儲かります!』っていうのは、ほとんどないと思っています。

儲かるんだったら、わざわざ営業する必要ってないですからね。お金持ちの間で完結している。

 

投資の商品で騙されたことで、金融商品取引法や詐欺、投資案件の利回り、投資の概念、出資法について勉強する機会が格段に増えました。

これらの知識は起業する前って言うより起業してからほうが役に立っております。

独立すると自分で扱う金額が多くなります。自由に使える金額が増える分、リスクもしっかりと考えないといけません。

サラリーマンの時代は会社に守られております。しかし、起業して自営業になると、守って貰える後ろ盾はありません。

大きくミスしてしまうと、立ち直れないのです。

 

投資商品に騙されたことで、100万円くらいはなくなったと思います。

しかし、『危機管理能力』を身につけるいいきっかけとなりました。お金は減りましたが、体験してよかったことですね。

05.オーダーのスーツを作った

最後の5つめは、ライトな感じでいきましょう(笑)

 

男性限定になってしまうのですが、オーダースーツはいいです!

テンションが上がります!初めてオーダースーツを作ったのが、26歳の時!

それ以降、スーツは全てオーダーにしています。

オーダースーツでオススメなのが、スリーピースですね。スリーピースとは、ベスト(ちょい古い言い方ならチョッキ)がついているやつです。

こんなやつです。

まず良いことがあります。

『デキる男に見られる!!』

それ以上に良いことが。

『女の子のウケがめちゃくちゃいい!!』

 

正直、イキガっています。でも、ちゃんとしたスーツなので問題は全然ありません。

オーダースーツってそんなに高くありません。安くであれば3万円〜作れます。

 

ある方から『男のスーツは甲冑である』と言われたことがあります。

甲冑とは鎧ですね。昔の武士の仕事は『戦』でした。戦に着ていくものがしょぼかったら相手にナメられるし、機能的にもよくありません。

スーツは戦の必須アイテムです。

スーツをケチっていては、いい仕事は出来ません。

『自分がイケてる』と自分で思うためにスーツをオーダーで作るのです。小さな自信があなたの空気感となり、人を引き寄せていくのです。

 

僕もさらにできるようになるために!

いやぁ・・・さらに女の子にモテるために(笑)

オーダースーツを着こなしていきます!!!

まとめ

この5つの中には、自ら体験したいと思って体験したものと、偶然体験してしまったものの両方が含まれております。

 

自発的でも偶発的でも、解釈は自分しだいです。

 

解釈は1つだけではありません。1つの事実でも多くの解釈を持つことができます。

また、起こった瞬間の解釈と、ちょっと時間が経った時の解釈と、数年経った時の解釈とそれぞれ違ってもいいのです。

 

すべては『自分の成長のプラスになる』解釈ができればそれでオッケーです!

 

これからみなさんも僕も多くの経験をするでしょう。

それらを楽しみながら、自分を成長させて、周りの方にお役に立てる自分になっていきましょう!!

 

ではでは今日はこの辺で〜。

是非!シェアをお願いします

営業力アップ メール講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です