2016年読んだ本の中で 『ベスト・オブよかった本大賞』 決めてみました

はい!

黒藪です。

 

今日は2016年読んだ本の中で

『ベスト・オブ良かった本大賞』めちゃくちゃ主観的な目線で選びたいと思います!

僕の本事情

僕は、毎月だいたい10冊〜15冊くらいは本を読みます。

ジャンルは様々ですが特に多いジャンルとして

自己啓発、マーケティング、セールス、法律、自伝、コピーライティング、ビジネス構造

なんかの本が多いかなぁって思います。

 

Amazonランキングの『経済・ビジネス』は週に1回はチェックするし

梅田の紀伊國屋書店には3日に1回は確実に行きます。

スキきあらば本を読んでるって感じです。

 

そして、我が家の本棚は年に1回ドラフトが開催されます!

2016年度版ドラフト会議は昨日開催されましたので、本棚はスッキリしております。

ドラフト会議のついでに大賞を決めてみました。

 

さて、いよいよ始めて行きましょうか!

まずは、入賞3作品からのご紹介です!!

入賞3作品!

選んだ3冊はどれも大賞になれる逸材!!

それぞれジャンルは違いますが、どれもかなりステキなやつらばかりです。

入賞 1作品目:タイトル:成功の条件 著:永松茂久

img_1970

【感想】

斎藤一人さんのお弟子さんとしても有名な永松さん。

今回は一人さんの系の話しではなくて『コーチング』裏テーマとした内容です。

 

本を読んでいると

自己との対話によって、本が語りかけてくるような感じになります。

自分自身に問われているセルフコーチングっていう感じですね。

 

コーチングのスキル云々は全く出てきません。

コーチングに興味が在る方には物足りないじゃないか!?って思われるかもしれません。

 

しかし、全く心配いりません。

本書にはノウハウでは書けない大切なものが詰まっております。

 

著者の想いの乗っかった実在のストーリー。

ビジネス書では珍しく読み終わった後に『清々しい感動』が得られました。

 

ビジネス書としてもステキですし、物語としてもステキです。

僕は心からオススメですね。

入賞 2作品目:タイトル:ともに戦える「仲間」の作り方 著:南壮一郎

img_1971

【感想】

南さんは株式会社ビズリーチの創業社長です。

本書はそのビズリーチという『年収1000万円以上のハイステイタス向け転職サイト』の起ち上げから、軌道に乗るまでのストーリーです。

その中で、著者である南さんが実感した『仲間作りとはどういうものか!?』が書かれております。

  • コミュニティーの主催者
  • 個人事業主や創業間もない社長
  • チームを新しく作り上げていく
  • チームでなにか成し遂げたい

こういった方には是非ともオススメする1冊です。

 

自分に協力してくれる本当の仲間を集め、彼らの心に情熱という火を灯す。

巻き込む時の責任と、巻き込まれる時の責任。

それを腹に落とし、仕事に邁進する。

仕事が形となり、成果が出た時の感動と喜びはチームで仕事する醍醐味ではないでしょうか。

 

そんな最高にして最強のチーム作りのヒントがここにあります。

入賞 3作品目:タイトル:非常識な成功法則 著:神田昌典

img_1972

【感想】

日本マーケティング界の大御所である、神田さんの本です。

神田さんが書いている本は殆ど家にあります!

マーケティングやコピーライティングの分野においては最先端を行かれており、ものすごく勉強になります。

 

この本はマーケティングの内容はほとんどありません。

書いてある内容はものすごくシンプルで聞いてことある内容が多いです。

しかし、何故かこの本を読んでいるとワクワクしてきて

書いてあることをすんなりと実行移してしまうという不思議な本です。

 

内容は良くても、実行まで人を動かせる本は中々ないと思います。

そんな不思議な魔力がある一冊です。

大賞の発表!!

タイトル:ストックビジネスの教科書 著:大竹啓裕

img_1969

【感想】

これからビジネスをしていきたい人への必須教科書とすべきやと思ってます!

この概念なくして、ビジネスを継続的に安定させる方法はないんじゃないのかなって思ってるくらい大切な考えが含まれております。

ざっくりとした内容は

フロー型=単発の商品

ストック型=継続的に販売が見込める商品

このストック型ビジネスを構築していこうぜ!

ストック型ビジネスを構築する上での大切なポイントはここだ!

ってことが書かれております。

 

僕もこの本を読んだ時はめちゃくちゃ衝撃を受けました。

コンサルタントとして師匠から教えて頂いたモデルで独立・起業しましたが

『文章化して詳しく解説するとこんな意味やったんやぁ!!』って理解できました。

 

この本は僕のコンサルティングの質を上げてくれました.

そして将来、新しいビジネスを創り上げていく上でもこの法則にしたがって創っていこうって思ってます。

 

この本が僕がめちゃくちゃ主観的に選ぶ

『2016年ベスト・オブ良かった本大賞!!』です!

まとめ

世の中にはステキな本が沢山あります。

一方で自分に合わない本も沢山あります。

 

好きに読んだらいいんです。

でも、人が進めるにはやっぱり理由がありますね。

食わず嫌いは辞めてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

次の1冊の出会いによって、人生が大きく変わることもあり得るのですから。

 

あとは、得た知識を実行に移すだけです!

一緒に上がって行きましょう!

 

ではではこの辺で。

是非!シェアをお願いします

無料メルマガ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です